人材育成につながる行動変容へのアプローチ

研修を実施する際に、結果としてよく求められる行動変容
研修を実施する側は、ある課題を解決したいと研修を企画しますので、
研修で学んでもらったことを現場で活用してほしいと考えています。
また、研修を受講した側も、研修で学んだことを活かし行動につなげていきたいと、
よくアンケートに記入しています。

しかしその一方で、実際に行動を変えることが難しいという声も多く耳にします。

今回は、研修を実施する側も受講する側も求めてやまない、行動変容についてのコラムです。

行動を変えるための研修手法

研修の際、以下のようなワークを経験したことはありませんか?

・よくある日常の場面を思い起こして自分の習慣を書き出す
    例)つい選んでしまう服の色や柄、つい買ってしまうお菓子
・仕事の場面での習慣やクセを書き出す
 例)慣れている業務の手順、商談するときの会話の順番
・続けたい習慣や減らしたい習慣、新しく増やしたい習慣を書き出す
 例)非効率なやり方を変えて残業時間を減らしたい、会議で積極的に発言したい
・嬉しかった体験や悔しかった体験などの、感情が想起される体験を書き出す
 例)あなたとならまた一緒に仕事をしたいと言われた、同期に営業成績で負けた

実はこれらのワークは、「行動変容」につなげるためにおこなっています。
実際の研修では、個人ワークやグループワークの時間を設け、
全体共有の場で発表をしてもらうなどしながら感情にアプローチしていきます。

では、このようなワークがなぜ「行動変容」につながるのでしょうか。

環境を変えると行動が変わる?

パーソルキャリアが運営するdodaの調査によると、
2019年度に転職をおこなった約10万人の転職理由の第1位が、
「ほかにやりたい仕事がある」でした。
給与や評価、人間関係への不満も挙げられていますが、
ほかにも「幅広い経験・知識を積みたい」、「市場価値を上げたい」といった理由が
転職理由TOP10の中に見られます。
現状が嫌、現状から抜け出したいというのは、転職理由の話としては
よく耳にする話だと思います。
環境を変えることで自分を変えられると期待している方は、特に若手に多いですが、
果たして本当にそうでしょうか。

中には早く転職したほうがよい場合もあるでしょう。
マイナビの2020年12月の調査によると、転職して良かった点の第1位が「年収アップ」ですが、
第2位が「スキルアップができた」、第3位は「やりがいアップができた」でした。

一方で平成27年の厚生労働省の調査によると、転職後1年以内で辞める人が
20%近くもいます。
2年以内で辞める人は約35%です。
その理由の第1位は、「仕事が想像と違った」でした。
一時的に環境が変わって喜びはしますが、長続きしない方も多くいるようです。

長続きしない原因の1つとして、自分を取り巻く環境だけでなく、
自分の内側にも、自分を変えることを妨げているものがあるからなのではないでしょうか。

自分の外側に目を向けることは簡単ですが、自分の内側に目を向けることは
意外と難しいものです。
そのような場合に有効的なのが、先ほど挙げたワークです。
ワークを研修などでおこない、自分の内側を知るきっかけを作ります。

自分の習慣を知る

以前のコラムでも紹介したように、マインドは心と脳の両方を指します。
そして、マインドを変えることは認知の歪みを外すことというお話をしました。

また、そのためには現状からかけ離れたゴールを決めることの重要性についても
紹介しました。

今回は、もう少し認知の歪みについて詳しく紹介します。
認知の歪みを作り出すのは、我々の脳ですが、その脳にはたくさんの情報が
保存されています。
その情報には、勉強して学ぶような、数学、歴史、英語などの記憶以外に、
思い出のような、喜怒哀楽の感情とセットになって保存されている情動記憶も
含まれます。
これらの情報が認知の歪みを作り出し、我々が行動したり判断したりするときの
基準となります。

そして、記憶された情報をもとに、無意識の行動、無意識の判断が生まれます。
これが思考や行動のクセ、もしくは習慣と言われるものです。

この無意識の行動や判断は非常に重要な機能です。例えば一度自転車に
乗ることができたら、乗り方について考えるまでもなく、
無意識でパッと乗れるようになり忘れることはありません。

野球では、ピッチャーが投げたボールがホームベースに到達するまで
0.4秒~0.5秒です。バッターはそのボールを打つわけですが、
このボールを意識的に知覚するのに0.5秒必要です。
つまり、見て判断していたら打つことはできません。
無意識に打った後に、ボールを見たと知覚しているのです。

仕事でも同じです。最初は難しかった仕事も、回数をこなすことによって
徐々に慣れていき、最終的には意識しなくてもできるようになります。
仕事の内容に意識を取られているうちは、時間がかかったりミスが多かったりしますよね。

無意識の行動や判断があるからこそ、できるようになることや、
効率がよくなることがたくさんあります。

ですが、無意識の行動や判断が変わらなければ、人は同じことを
繰り返すことになります。

そこで、行動を変えようとするときに必要なステップが、
自分の習慣を知ることです。
そのために、研修では習慣を書き出すワークがあります。

情動記憶を利用して行動を変える

習慣を変えると行動が変わります。その時にうまく利用したいのが情動記憶です。
情動記憶は、無意識の行動や判断を作り出す上で、非常に重要な役割を果たしています。
怒られたり悲しんだりした情動記憶がある場合、
「また同じことが起きたらどうしよう」、「もっと嫌な思いをするかもしれない」
などネガティブな思考が生まれてしまい、行動しない選択を取ることがあります。
逆に、楽しかったり嬉しかったりした情動記憶がある場合には、
「また同じ思いをしたい」、「もっと嬉しい気持ちを得たい」など
ポジティブな思考が生まれ、積極的に行動しようとします。

最初に紹介したワークでも、嬉しかった体験などを書き出すものがありましたよね。
情動記憶は、うまく活用すると「行動変容」の手助けになります。

無意識の行動や判断を変えることは難しいものです。
「自分がやってきたことは正しい」、「自分の知識や経験は間違いない」と
誰しもが思っています。
そこで情動記憶を思い起こし、現状を変えることに対してポジティブな感情を
想起させるのです。

ゴールを設定する

補足ですが、行動変容を定着させるためにゴールを設定することも必要です。 新入社員の頃は与えられた仕事をこなせるようになることがゴールで、 それを達成する過程で無意識の行動や判断が出来上がっていきます。 この行動や判断を変えるためのゴールを新しく設定し、情動記憶を活用すると、 最初のぎこちない行動や的を射ない判断の時期を乗り越え、 新しい行動や判断が定着しやすくなります。 このようにして自分を変えられると、環境を変えなくてもやりがいを 感じられるようになるのではないでしょうか。 そんな機会を提供することで元気なビジネスパーソンを増やしていきたいと、 弊社は日々研修を実施しています。
関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする