「20代は、論理的思考力を鍛えろ!」

論理的思考力とは?

ビジネスパーソンには、「論理的思考力」が必要だと言われます。
ビジネススクールでも、「ロジカルシンキング」や「クリティカルシンキング
というタイトルのついた講座は必須で組み込まれています。

優秀で、アタマのよさそうな人に対して、
「さすが、ロジカルだなぁ」「論理的で分かりやすいプレゼンだった」
と褒めることがあります。

では、「ロジカル」「論理的」とはどういうことなのでしょうか。

論理=LOGICです。
LOGICの語源は、LOGOSと言われておりLOGOSとは、「言葉」です。

「言葉」とは何でしょう?言葉とは、事象や物体を指し示すものです。
「豆腐」という言葉は、大豆からできた白くて四角い柔らかい食べ物を示します。
それを、適当な大きさに切って、お皿に載せて、シソやミョウガや鰹節などの
薬味を添えると「冷奴」になります。
「言葉」が変わります。
その事象や物体を的確に表すことができるのは、「言葉」があるからということになります。

では、「豆腐」は、どの時点で「豆腐」から「冷奴」になるのでしょうか?
その境界線は、どこにあるのでしょう?

「冷奴」も「豆腐」だから、厳密にいえば、「冷奴」は「豆腐」に
包括されているということになります。
さて、お皿に載せた豆腐は、「豆腐」でしょうか?「冷奴」でしょうか?
薬味を用意すると「冷奴」になるのか?
お皿に載せると「冷奴」なのか?
その境界線は曖昧です。

その曖昧な状況を「言葉」によって、境界線を引くことが「論理的」ということになります。事象や物体を、境界線を引いて、定義するということです。
「豆腐」のような「冷奴」のような、そのような何かでは、定義できていませんし、
他者に正確に伝えることはできません。

「言葉」をたくさん知らないと、正確に定義し、伝えることができません。
ボキャブラリーがないと、論理的にはなり得ないということです。

「言葉」を覚えたての子供は、「論理的」と言えるでしょうか?
「その子は、論理的だねぇ~」という話はあまり聞いたことがありません。

中学生から高校生くらいになると、「論理的」な発言も聞かれるようになってきます。
それは、ボキャブラリー、語彙が増えたからです。
定義し説明できる語彙が増えたことで、「論理的」になったのです。
「論理的」になるための大前提として、語彙を増やす、語彙力をつけることが必要なのです。

なぜ、論理的思考力が必要なのか?

では、なぜビジネスにおいて、「論理的思考」「ロジカルシンキング」が必要なのでしょうか?
説明するまでもありませんが、ビジネスにおいて必要なのことは、
コミュニケーション」です。

社内でも社外でもお客様やクライアントに対しても、言葉によるコミュニケーションは
欠かせません。
ほとんどのコミュニケーションは、「言葉」によって成り立っています。

コミュニケーションとは、相手に伝わることです。
相手に理解してもらうことがコミュニケーションです。

日本語の「伝わる」と「伝える」は、あまり差がないように捉えている人も
いるかも知れませんが、その意味において大きく異なります。

英語にするとその違いは一目瞭然です。
「伝わる」は、「communication」ですが、「伝える」は、「tell」です。
日本語以上に、言葉の印象が異なりますよね。まったく違うニュアンスに感じます。
「伝える」は、一方的に発しているだけなのです。
相手が受けとめてこそ、「伝わる」=「communication」になります。

「ロジック」は、「言葉」でしたが、「論理的思考」「ロジカルシンキング」は、「筋道」です。
「言葉」と「言葉」の繋がり、どのような流れで思考しているかが、
「論理的思考」「ロジカルシンキング」です。

A=Bであり、A=Cでもある。ということは、B=Cである。とは、筋道です。
演繹法ですね。ロジカルシンキングセミナーで解説される、
ロジックツリーやMECEという考え方も、どのように考えればよいかという
思考の筋道を示しています。

例えば、サンマの漁獲量が減少したのはなぜか?サンマ自体の数が減少したか?
サンマは今までと同じくらいの量がいるのだけれど、捕獲することが
できなくなったのか?いずれかです。

サンマ自体の数が減少したとすると、大量に死んだのか?孵化する数が減ったのか?
いずれかです。
死んだのは、寿命か?、捕食されたのか?、病気か?とどんどん続いていきます。
このように、漏れなくダブりなく考えていくことが、MECEと言われる
思考のフレームで、筋道を立てて考えることができます。

「論理的思考」においては、「言葉」で事象や物体を定義する語彙力と、
言葉の繋がり、思考の筋道が重要となります。

「論理的」に考えることで、取るべき行動、避けるべき行動が明確になります。
どんな戦略を立てれば、成功の可能性が高まるのか、失敗を避けることが
できるのかが見えてくるのです。

ビジネスにおいて、コミュニケーションだけでなく、戦略を立てる上でも、
「論理的思考」は欠かせないのです。

論理的思考力の鍛え方

では、どうすれば「論理的思考」が開発されるのでしょうか?
冒頭で、LOGICの語源は、LOGOS=言葉であるとお伝えしました。
「論理的思考」を身につけるために必要なものは、語彙力です。多くの言葉を知ることです。

つまり、本や新聞を読むことなのです。さまざまなジャンルの本を読むことが必要です。
新聞も語彙力を増やすために有効です。ネットニュースよりも、
紙の新聞をお勧めします。

ネットニュースの場合は、本人の興味関心を反映させたニュースを集めて表示します。
本人の興味関心に合わせてしまうので、本人の知らない、触れる機会の少ない分野の
言葉は表示されにくくなります。

それでは、語彙力は増えません。
紙の新聞(ネットでも紙面表示で読めば紙でなくても構いません)では、
自分の興味がないニュースも自然と目に入ります。

さまざまな分野のニュースやコラムに触れることで、本人が思いもよらない
言葉や知識が増えていきます。

人の話を聴くことも同様です。専門分野をもつさまざまな人の話を聴くことで、
語彙や知識はどんどん広がっていきます。

10代から20代の脳は、新たな知識の蓄積に長けているので、
多くの書籍や新聞を読み、専門家の話を聴くことをお勧めします。

今は、ネットで気軽にさまざまな専門家の講演を聴くことができるので、
ぜひ有効活用することをお勧めします。

さらに、「論理的思考」を鍛えるためには、「書く」ことが必要です。
文章を書くことです。

書けないということは、考えていないのと同じだとも言われます。
自分のアタマの中にある考えを文章にすることが必要なのです。

書くことで、思考が深耕され、書いた文章を読むことで、
自分の思考を俯瞰で捉えることができます。

客観的に、自分の考えを眺めることができるのです。そうすることによって、
意味の繋がらないところ、深く理解していないところが明確になります。

常日頃から、自分の考えていることを文章にすることをお勧めします。

20代のうちに、ロジカルシンキングを習得することで、ビジネスパーソン同士の
コミュニケーションが円滑に出来るようになり、今後の社会人人生にとって
間違いなくプラスになります。

是非論理的思考力を鍛え、ロジカルな人になることを目指してください。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする