マインドを変える①~見え方を変えるために必要なこと~

弊社は人材育成、組織開発のお手伝いをしている会社です。
中でも、マインドセットを得意な領域にしているからか、研修を企画する人事部などの担当者様からも、研修を受講する受講者様からも、「マインドを変えたい」、「マインドが変わった」に類する言葉を良く耳にします。

マインドを変えることで何が達成できるのでしょうか。そして、変えることが難しいマインドを実際に変えるにはどうしたらいいのでしょうか。

このシリーズでは、マインドを変えることの意味と手法を紹介していきます。

マインドは心のこと?

突然ですが、上の画像をご覧ください。
濃い青色で描かれた、小さな幾何学模様の絵が並んでいますが、
実はある法則に則って並んでいます。
分かりますか?

有名な錯視ですので、ご存知の方も多いかもしれません。
実際に注目するのは水色の部分で、幾何学的な絵に挟まれている水色の部分をよ~くみると、

「LIFE IS WONDERFUL」と読めます。

上段と下段にある幾何学模様の絵の上下にそれぞれ線を引くと分かりやすいです。
読めなかった方は、上記文章の「濃い青色で描かれた」という
ところをしっかりと読んでいただいたのだと思います。
そして一度読めてしまうと、水色の部分に目が自然と向かうと思います。
まさに、「見方が変わった」わけです。
錯視は視覚心理(目に関係したマインド)を利用して作成されたものです。
先ほどの「LIFE IS WONDERFUL」が読めるようになったきっかけは、心が変わったからなのでしょうか。
何が言いたいかというと、マインドは心だけではないということです。
マインドというと、つい心の在り方のみに注目してしまいがちですが、マインドは心と脳の両方を指しています。

認知の歪み

「すべき思考」というものがあります。
何かをやろうとするとき、「〇〇すべきです」、「〇〇すべきではありません」と考えることです。
過去のことを悔やむときや、上司が部下をコントロールしようとするときなどに聞く言葉ですよね。
前者は自分で自分の他の可能性をみえなくし、後者は他人の言葉によって自分の他の可能性がみえなくなります。

そうすると認知に盲点ができ、その人特有の歪みができます。
これは良いこととか悪いこととかではなく、マインドに脳が関係している以上、全員に共通した性質なのです。

マインドを変えることをおすすめする理由

繰り返しますが、マインドは心と脳です。
ですので、我々の活動の全てにマインドが関係してきます。
その活動の内容や過程、結果を変えるためにはまずマインドを変える必要があります。

認知に歪みができることは当たり前ですが、その歪みに囚われてしまうと、
もっと簡単な方法や違った選択肢がみえなくなり、行動や結果を変えることができません。

みえない選択肢をみえるようにすることで初めて選択肢が増え、チャンスが広がります。

認知の歪みを自覚して、他に何か見逃していることはないか、と考えられると、
個人も組織も成長するチャンスを得ることができるのです。

認知の歪みは、自分自身に大きな制限をかけます。
フィギュアスケートの4回転ジャンプや陸上の短距離走、長距離走などでこれ以上は絶対にできない、破れないと言われてきた技や記録があります。
そしてその制約を破る人が出た途端に、一気にできるようになる人が増えます。

これは、知らず知らずのうちにこれ以上はできないと脳がリミッターをかけてしまっていたのではないかと言われています。

認知の歪みを変えるためには

脳が関係している以上、認知の歪みを変える方法があります。
今回はそのワークを少しだけご紹介します。

①認知の歪みを書き出してもらう
良いと思う認知の歪みと、悪いと思う認知の歪みを書き出してもらうことで、
認知の歪みへの理解を深めてもらいます。

②自分に影響を与えた人とその内容を書き出してもらう
自分の認知の歪みを作ってきた人を挙げて、その影響を書き出すことで、
自分のマインドがどのように作られてきたのかを考えてもらいます。

③自分の価値観を言語化してもらう
自分が大切にしている価値観とその説明を言語化することで、ものごとを評価する際に
どのようなことを基準としているのかを知ってもらいます。

④自分のやりたいことを書き出してもらう
自分にかかっている制限を認識したうえで、できるできないに関わらず、
自分がやりたいことを書き出していき、認知の歪みを外していきます。

いかがでしたでしょうか。
今回は、マインドが心と脳の両方を指していることを理解していただくために、認知の歪みの紹介をいたしました。

マインドを理解していけば、必ずマインドを変えることができるようになります。
マインドを上手に扱えるようになることで、是非自分だけでなく、周りの人も含めて
充実したライフを手に入れてください。

認知の歪みの研修での活用事例

実際の研修では、マインドを変えることだけを目標とせず、
ストレスコントロールや仕事へのモチベーションアップにつなげたりもしています。
弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが300名以上おり、
マインドを変える研修のバリエーションも豊富です。本記事を参考に、
是非自社に合ったマインドを活用した研修を実施してみてはいかがでしょうか。

~具体的な研修活用事例~

【自分の思考と感情に気づく】
どんな時に、特に怒りや不安などの負の感情が動くかを書き出してもらうことで、どんな場面で、
良くない認知の歪みが生じているのかを認識してもらいます。

【認知の歪みについて学習する】
すべき思考だけではなく、心のフィルターやレッテル貼りなど、認知の歪みについて学習してもらい、
そこから生じる自動思考を知ります。
それに対し、客観的な事実を洗い出すことで、認知の歪みを外せる準備をします。

【新たな思考を手に入れる】
客観的な事実を元に考え直すことで、新たな思考を書き出し、マインドを変えます。

【自分が大切にしている価値観を明確にする】
マインドが変わったら、改めて自分が大切にしている価値観を明確に言語化します。
また、どんな時に充実感を感じるのかを書き出してもらい、プラスの感情、思考を持ち続ける意識を醸成します。
感情のコントロールをおこなうことで、ストレスにうまく対処し、
仕事へのモチベーションを上げることができるようになります。

【組織への伝え方を学習する】
自分だけではなく他者や組織の価値観を大切にしながら、
仕事を進めていくための考え方やコミュニケーションスキルとして、
アサーティブコミュニケーションやリフレーミングなどを学習します。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする