マインドを変える②~目標設定はゼロベース思考で~

マインドを変えるシリーズの第2弾は目標設定についてお話します。
第1弾では、マインドは心と脳であり、マインドを変えることは
認知の歪みを外して、普段みえていないものをみえるようにする、
というお話をしました。

人は、マインドを変えたいと願いつつもマインドを変えることを恐れ、
現状維持に流れてしまいがちです。
目標を決めることは、実際にマインドを変えていく大きな手助けとなります。

ゴールを決めることの大切さ

マインドを変える時の目標設定で重要なことは、現状からかけ離れたゴールを
決めることです。
マインドを変えることは、普段みえていないものをみえるようにすることなので、
やり方が分かっているようなゴールを決めてもマインドは変わりません。
「こうあるべき」という思考が固まっていて突き抜けたものが出てこない、
保守的で新しいことを考えることが苦手、前例踏襲になってしまうことばかり、
という課題を解決するためには、あえて既成概念を破る、
既存の枠にとらわれない目標設定をすることが重要です。
そうすることで初めて、可能性を広げるマインドが得られます。

目標を設定するコツ

目標設定をするときは、自分の責任の範囲外に目標を定めないように注意します。
前回紹介したように、人には必ず認知の歪みがあります。
それは、脳がパンクしないための保護機能でもあります。
五感で感じる全ての情報を処理して認識することはできません。
人は、自分がみたいと思うものをみて、聞きたいと思うものを聞くように
なっているのです。 

例えば、毎朝子どものお弁当を作っている家庭があるとします。
父親は目覚まし時計をセットしていたとしてもまったく起きず、
母親は目覚まし時計の音に敏感に反応して目が覚めます。
父親が目覚まし時計の音に気付かないのは、お弁当を作ることが
父親の仕事ではないと、心のどこかで考えているからです。
ところが、母親が風邪を引いてしまった場合、突然お弁当作りが
自分の担当となり、責任を感じるようになります。
こうなると、普段起きない父親が、目覚まし時計の音に敏感に反応して
起きるようになります。

自分の責任の範囲内だと認識すると、同じ情報であっても、
その情報の価値がまったく違ってきます。
これは仕事でも同様で、自分が責任を持つ仕事だと認識すると、
途端にその仕事への向き合いかたが変わるものです。

認知の歪みを上手く利用することで、実際の行動は大きく変わります。
ですので目標設定の時には、責任を持つ範囲を明確にすることが重要なのです。

自分が変われば世界が変わる

自分自身の考え方を変えることで、普段とは違う世界がみえてきます。
マインドが変わらないと、昨日と同じことが繰り返され、
「今の仕事なんて・・・」と思うようになってしまいます。
マインドの仕組みを知り、うまく活用することで、自分が変わり、
世界が変わります。
認知の歪みを利用し、現状からかけ離れたゴールを決めることで、
仕事はもちろんのこと、自分の将来との向き合い方も変えることができるのです。

~現状からかけ離れたゴールを決めるために~

多様性を活用してゼロベースで考える

現状からかけ離れたゴールを決めると言われても、
イメージが付きづらいかと思います。
どうしたら普段の自分の考えから抜け出すことができるのでしょうか。

色々な方法が提案されていますが、一つおすすめしたいことは、
ダイバーシティ&インクルージョンを推進して、職場環境の多様性を活用することです。

新宿の街を歩いていたとします。
ある人は小売業の出身なので、店先に並ぶ商品の陳列や、
店舗の入れ替わりが早いサービスや区画に注目します。
広告業界の人なら、これまでなかった場所に出されている広告に
注目するでしょう。
学生なら最近開店したお店や行列ができているお店でしょうか。
ベビーカーを押している人なら、子連れでも入りやすいレストランや
安心して入れそうなお店を求めます。

就職や転職、部署異動、昇進・昇格などをきっかけに、
同じ人でも同じ街の見え方が変わることもあります。

多様な人と交流する場を設けることで、普段の自分の考えから抜け出し、
ゼロベースで思考できるきっかけを作ることができます。

自由に発想するヒント

自分でできるトレーニングもあります。
仕事で上司から依頼や指示を受けると、思考停止になりがちです。
そこで、「なぜこんな指示がきたのか」、「ほかに方法はないのか」と
自分の頭で考えることが重要です。
たとえば資料作成の依頼があったときに、「なぜ」と思考ができていると、
普段とは違った方法を考え、提案することができるようになるでしょう。

日常目にする新聞やテレビの情報も、良いトレーニングの題材です。
普段あまり調べない方法で詳細な情報を収集してみたり、
ニュースの背景を調べてみたりすると、自分の考え方を見直す
良いきっかけになります。
あえて探す情報を決めておくことも有効です。例えば、少子高齢化に
関する情報と決めて手あたり次第に情報を探すと、
普段とは違ったものが目に飛び込んでくるかもしれません。

自分にとって重要なものをたくさん書き出す方法もあります。
今の自分にとって重要なものと、未来の自分にとって重要なものの両方を
書き出すことで、自分がどう変わりたいかを見直すよいヒントになるはずです。

ゼロベース思考を養う研修を活用する

研修は、一度に数十人が集まって同じワークに取り組むため、
自分とは違う意見に触れることができる絶好の機会です。

弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが300名以上おり、
マインドを変える研修のバリエーションも豊富です。
本記事を参考に、是非自社に合ったゼロベース思考を養う研修を
実施してみてはいかがでしょうか。

【自分の常識に気づく】
まずは自分や組織の思い込み、常識の壁を知ります。
提示されたお題に対して、例えばゲームを活用したり絵に描いたりするなどし、
何か形あるものを作ります。
作ったものに対して、それを作った背景にあるストーリーを
語ってもらうことで、自分を内省し、自分の思い込みや常識の壁の特徴を
可視化します。
次に、身近な自分の当たり前を、職場での当たり前に置き換えて、
同じように思い込みや常識の壁がないかを考えてもらいます。

その後、組織や会社の価値観や固定観念、それを形作ってきた
エピソードについても書き出し、組織の思考の偏りや固定観念を可視化します。

【思考のクセと課題を発見する】
可視化した思い込みや常識の壁、固定観念をもとに、思考のクセをまとめます。
それが自分や組織にマイナスに影響している可能性を議論し、
課題を発見していきます。

【固定観念を打破するツールを学ぶ】
固定観念を打破するために有効なツールの使い方を学びます。
例えば、ブレインストーミング、SCAMPER、ラテラルシンキングなどです。

【これまでの枠にとらわれない目標設定をする】
自分が実現したいこと、会社の将来あるべき姿をこれまでの
常識から外れた視点から考え、既存の枠にとらわれない目標を設定します。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする