マインドを変える③~環境を変えるのが先か、マインドを変えるのが先か~

仕事へのモチベーションが上がらない、やりたい仕事ができないと、
多くのビジネスパーソンが悩んでいます。
組織が思ったように変わらない、会議で誰も意見を言ってくれないと、
多くの管理職の方が悩んでいます。

ビジネスでは、ロジカルシンキングやプレゼンテーション、
ファシリテーションなどのスキルはもちろん重要です。
最近ではDX(デジタルトランスフォーメーション)推進が言われていますので、
UXなどのデザインスキル、データサイエンスに関するスキルを持った人材も
求められています。

そんな様々なスキルが求められる現代。
古くからおこなわれ続けているマインドセットにできることは何でしょうか。

マインドセットには大きな力があります。

自分を変える2つのパターン

自分を変えるとき、2つのパターンがあります。
1つは、自分の外側の環境に合わせて自分を変える。
もう1つは自分を変えたことに外側の環境を合わせていく。
です。

外側→内側→外側への変化

すっぱい葡萄の話はご存知でしょうか。
きつねが葡萄を見つけ取ろうとしますが、高いところにあり取ることができません。
結局きつねは葡萄を「どうせすっぱい葡萄に違いない」と決めつけてその場を立ち去ります。

ビジネスパーソンに置き換えて考えます。
社内、社外で今の自分にはないスキルや経験が得られる仕事が必ずあります。
とてもやりがいが感じられそうな魅力的な仕事です。
そんな仕事をやってみたいと思っているだけで、実際に任されることは
ほとんどありません。

するとどうなるでしょう。

この会社は古い体質だから、どうせ新しいスキルが必要な事業なんて
成功するはずがない、自分を認めてくれない会社だから転職してしまおうか、
と自分の内側を変えてしまいます。

それだけでは終わりません。
人は、自分の内側の現実と外側の現実がズレることを嫌うので、
周囲にも同じ感情を求めるようにふるまい始めます。

どういうことかというと、この会社は古い体質で何も変わらないよね、
みんな頑張っているのに正当に評価してくれないよね、と周囲に同意を求め始めるのです。

周囲がそれに同意しないと、私のことを分かってくれないと考えるようになり、
どんどん良くない方向に進んでいきます。

まだ続きます。
以前紹介したように、人は見たいと思うものしか見ようとしません。
例えば何かを買おうと口コミを調べている時、買いたいと思っているときには
ポジティブなレビューを、買いたくないと思っているときにはネガティブなレビューを
探しがちではないでしょうか。

仕事でも同様です。
この会社は変わらない、自分が頑張っても評価されない、と思っている人に、
何か仕事を任せたとしても、ネガティブなマインドを前提に仕事に取り組みます。
その大きな理由は、自分が「変わらない」と思っている会社が「変わること」
が許せないと考えるからです。
当然、人間関係にもよくない影響が出ます。

内側→外側への変化

外側の環境を、常に社員にとってポジティブに捉えられるものにし続けられるのであれば、
外側から変化をスタートさせてもよいですが、それは非常に困難です。
そこで、内側からマインドを変えることで、外側の環境を変えていって
もらうようにすることが重要になります。
ですが、こちらもそう簡単ではありません。

マインドセットを難しくする3つの要因

マインドを変えて、行動を変えることを難しくする要因は、主に3つあります。

①マインドは過去からできている
②行動を変えても元に戻ろうとする
③矛盾が生じたときに元に戻そうとする

マインドは過去からできている

何かを変えようとするとき、未来を見がちですが、そうすると外側の環境のことに
どうしても目が向いてしまいます。
ですが、今の自分を作っているのはすべて過去の情報です。
マインドを変えようとしたときには、自分を作ってきた過去の情報から
振り返らなくてはなりません。
その情報には、自分で経験したことだけでなく、他者から言われたことも含まれます。
しかし、日々忙しく仕事に追われていると、自分の過去をじっくりと
振り返る機会を持つことがなかなかできませんよね。
これがマインドセットを難しくする1つ目の要因です。

行動を変えても元に戻ろうとする

自分を変えようと行動しても、一時的には変わりますが、
それを継続させることができず、すぐに元に戻ってしまうことはよくあります。
これはその人が悪いわけではなく、誰にでも起こる当たり前のことです。

人は過去の情報を元に自分をつくります。そして、無意識にその自分を維持しようとします。
なぜなら、無意識で動けている現状のほうが心地よいからです。

「自分はこうやって成功してきたからそのやり方が正しいんだ」
「自分はこういう性格だからコミュニケーションが苦手なんだ」
「自分の仕事との向き合い方では管理職には向かないんだ」などと思ってしまうと、
そのとおりに現実を維持しようとします。

だからといって180度違うマインドを持てばいい、というほど単純ではありません。
そんなに簡単に今の自分と違った自分を想像することはできませんし、
無理に想像して動いたとしても、すぐに元に戻ってしまいます。
これがマインドセットを難しくする2つ目の要因です。

自分の無意識の行動が別の可能性を見えなくしていることは確かですので、定期的に自分の過去の棚卸しをして、
別の可能性を探し続けることが必要です。

矛盾が生じたときに元に戻そうとする

あなたはバスケットボール観戦をして日本チームを応援しています。
日本よりも格上のチーム相手に善戦をしていて、
なんと第4クオーター開始時点で日本がリードしています。
でも第4クオーターで逆転されて惜敗、なんていうシーンは他のスポーツでも
良くありませんか。
だからこそ格上相手に勝つと、ものすごいことが起きたと盛り上がりますよね。

仕事でも、普段イメージしている自分よりもよい結果が出そうなとき、
「自分がこんなにうまくいくはずがない」と思ってしまうことはありませんか。

人は誰しも、過去の情報からなる自分なりの基準を持っています。
その基準から大きく外れたとき、その矛盾をなくそうとしてしまうのです。

どうしても営業成績で勝てない人に勝てそうでしたが、
結局最後は惜しくも負けてしまったとき、
まだまだ自分のスキルや実力が足りていないんだと、安易に思っていませんか。

本当にスキルや実力が足りていないのであれば、そもそも惜しくも負けるという
土俵にすら立てないはずです。
「この土俵に立っている以上、スキルや実力は足りている」。
そうやって自分なりの基準を正当に高めていなかいと、
いつまでたっても過去の基準に縛られて行動するようになってしまいます。

ですが、自分のことを正当に評価し直す機会はなかなかありません。
これがマインドセットを難しくする3つ目の要因です。

マインドセット研修の意義

仕事の現場で、自分の過去を棚卸し、無意識から生じる自分の行動を確認し、
自分の評価をし直す、という機会を持つことは困難です。
その上で新しいゴールを設定して動き出さないと、行動変容は起こりません。

ここに研修の価値があります。
あえて仕事の現場から離れて研修を実施することで、過去の自分を振り返り、
その日からの行動を変えてもらえる機会を与えることができます。

そして、過去を振り返るときに、受講者が共感できて心を開ける
トレーナーをアサインすることが非常に重要です。

弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが300名以上おり、
個社ごとに合ったトレーナーをアサインすることには自信を持っております。
本記事を参考に、是非自社に合ったトレーナーで、マインドセット研修を
実施してみてはいかがでしょうか。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする