マインドを変える⑦(最終話)~目標達成の技術を習得しよう~

マインドを変えるシリーズのコラムもいよいよ最終話です。
最後のコラムは、人事担当者向けだけではなく、受講者にも向けた内容です。

最後は目標達成についての話です。
目標を立てたら、誰もが達成したいですよね。
簡単にあきらめてしまわないよう、目標達成の技術についてお伝えします。

私たち一人ひとりが主体者となり、マインドを変えて行動につなげ、
目標を達成していきましょう。
人と組織が元気になり、働くことが面白くなる。
エナジースイッチはそんなお手伝いをし続けたいと思っています。

目標設定したら目標達成しよう

現状の延長線上ではないゴールや、「〇〇したい」から生まれるゴールを設定したら、
次はそのゴールを達成することを意識します。

当たり前の話ではありますが、目標達成の意識を持つことは、
マインドをうまくコントロールするために非常に重要なことです。

目標は、夢や希望とは違います。達成するために設定するものです。

目標達成には、人とのつながり・お金・時間・環境・技能など必要なものが
さまざまありますが、目標達成している自分の姿を明確にイメージすることが
何より大切です。

自己評価を下げない

人は、「ミスするかもしれない」という予感がすると、無意識のうちに行動に
結びつけてしまうことが分かっています。
予言実現(心身相関)と呼ばれる現象です。

「この仕事を任せられる器じゃない」「こんな難しそうな仕事はできない」
と思っていると、失敗している映像が自己イメージとなってしまいます。

自己評価を高めないと、目標達成後の自己イメージを持つことができず、
あきらめにつながります。

自己評価の2つの種類

①自分の「価値」の自己評価
②自分の「能力」の自己評価

自分の「価値」の自己評価

ここでいう自分の価値とは、社会的地位に対する自己評価と言い換えると
イメージがつきやすいと思います。

新入社員中堅社員になり、昇進を繰り返して役職が上がっていくと、
どんどん自己評価も上がっていきます。
そうすると人は、その立場に見合う人間関係を構築しようとします。

まだ役職がない人が、役職者同士の集まりに参加したとき、
「自分がいていい場所じゃないかも」と気後れしますよね。
役職が上がって、部長が社長同士の集まりに参加しても同様に気後れするものです。

ですが、ビジネスを成功させる上で、人とのつながりを広げることは非常に重要です。
気後れしたまま自分と同じ立場の人とばかり話していると、
ビジネスチャンスを逃すことにもつながりかねませんので、
社会的地位に対する自己評価を上げておくことは非常に重要です。

社会的地位に対する評価で気を付けたいことは、他者に自分の評価を
委ねすぎないことです。
「会社が評価してくれたおかげで今の自分がある」と思うことも大事ですが、
それのみに依存してしまうと、その地位が無くなった途端に
自己評価が大きく下がってしまいます。

シニア活躍がうまく進まない理由の一因ではないでしょうか。
今の自分がどのような社会的地位にあったとしても、
「自分は社会的に価値がある存在だ」と自己評価できることも重要なのです。

自分の「価値」の自己評価を下げないために、自分のことを卑下し、
ネガティブなことを言わないことにチャレンジしてみてください。
他者の評価を下げることを言ってもいけません。他者の価値を下げると、
無意識に自分の価値も下げることにつながってしまいます。

自分の「能力」の自己評価

目標設定したとき、必ず人は自分に「その目標を達成できる能力を持っているか」を
問いかけます。
能力がないと考えてしまうと、「自分にはまだ無理だ」と不安を感じて、
前進できなくなってしまいますよね。
結果自分が不安に感じた「能力」に合わせて、目標を下げてしまいます。

では、「達成できるのか」と不安に思うこと自体をやめなければ
いけないのでしょうか。
答えはNoです。
そこで、「達成できるのか」と不安になるからこそいいと考え直してみてください。
人は不安な状態だからこそ、次のステップとして目標達成を目指して、
新たなコンフォートゾーンを手に入れようとします。

そして、不安だから無理だと諦めてしまうのではなく、
不安だからどう補えばいいのか、という思考に変化させていくのです。

足りないのは今の「能力」ではなく、今の「自己評価」です。
自分の能力を正当に評価し、自己評価を高めることができれば、
「次は足りない技能を身に付けることができる」と考えられるようになります。
それでも足りない部分は「解決する方法や仲間を見つけることができる」と
考えるようになるはずです。

マインドは脳と心です。自分に対する言葉や、他者への言葉を意図的に変えていけば、
必ず変えることができます。

目標達成の技術を習得しよう

目標達成のための技術やツールはさまざまありますが、
ここではマインドセットに特化したものをお伝えします。

【未来のイメージを鮮明にする】
過去の映像を組み合わせて、目標達成した世界にいる自分のイメージを
鮮明に作っていきます。
それを何度も繰り返すと無意識に刷り込むことができます。
イメージトレーニングというと分かりやすいですよね。
自分が舞台の主役だと思って、五感をすべて使って、なるべく臨場感を持たせてください。

【未来のイメージに色を付ける】
未来のイメージを鮮明にしたら、ポジティブな情動記憶を重ねます。
「嬉しい」「誇らしい」「楽しい」のような感情がイメージに乗ると、
より臨場感が高まります。

今日良かったことを思い出し、明日楽しみにしていることを考える方法もあります。
職場では日報を活用するとよいと思います。

【言葉を使って具現化する】
映像化できたら、次は言葉を使って具現化します。
一人称、現在形を使って、目標達成した世界にいる自分のことを言葉で書きます。
意図的に言葉を選ぶことで、自分が望む自己イメージを
無意識に刷り込むことができます。

リアリティを増すために、例えば「体重〇〇kgまで痩せる」と具体的に書いたり、
肯定的な言葉や感情を表す言葉を使うことがコツです。

【成功体験を味わう】
小さな成功でいいので、望むような実績を上げたら自分をほめてください。
下回ったときには「日々良くなっている」と声をかけるといいです。
ポジティブな感情を味わうと、次につながっていきます。

燃え尽き症候群にならないために

目標を達成してしまうと、モチベーションが維持できなくなってしまいます。
燃え尽き症候群と呼ばれるものです。

そうならないように、目標を達成する前に、目標を再設定することが重要です。
例えば、「大企業に就職する」という目標も素晴らしい目標です。
その目標を達成しそうになったら次の目標を設定します。
そうしないと、現状維持として就職した会社に居続けることが
目標になってしまいます。

目標を達成して一度立ち止まってしまうと、次に動き始めるためには
よりたくさんのエネルギーが必要です。そうならないように常に目標を
再設定することが、マインドをうまくコントロールするコツです。

【目標は多方向で持つ】
例えば仕事だけの目標だと、常に目標を再設定することが息苦しいと
感じますよね。
そうならないために、仕事だけでなく、趣味、家族、健康、お金、社会貢献など
多方向に目標を持つとバランスが取れるようになり、キャリア自律にもつながります。

リーダーとは新しいゴールを作り出せる人

ここまで読んでいただきありがとうございます。
マインドを上手く活用できれば、誰もが未来を創る主役になることができます。
それは個人だけでなく、ビジネスや会社に対しても同様です。
「自分の話なんて聞いてもらえるわけがない」なんて決めつけずに、
自分が他者に与える影響を認識し、自分だけでなく、会社の目標を更新していってください。
新しい未来を作り出せる人を「リーダー」といいます。
一緒に、より良い自分、より良い会社、より良い社会を作っていきましょう!

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする