【セミナーレポート】仕事と育児の両立支援

2021年7月15日(木)に開催した、大好評の無料セミナーの一部をご紹介いたします!!

■目的​
ワークや対話を通して「理想の両立とキャリア」を考えると同時にそれを実現するために必要なアクションを実行&継続する。

■目次 ​
1)林田トレーナーの活動紹介
2)育児期の両立&キャリアセミナーの概要
3)両立について考える
4)両立に必要な3つの力
5)育児期とその先のキャリアを考える

■林田トレーナーの活動紹介

大学生2人と中学生の子どもがいます。
育児期といっても、お世話が大変な時期、送り迎え・習い事・受験などの小学校・中学校の時期、社会に送り出す大学生などの時期と様々ありますが、私個人は最後のステージにいます。

父親支援のNPOの理事をしていますが、父親だけでなく多様な働き方が認められる社会を創ることを目的に2014年にイクボス企業同盟立ち上げました。
最初は11社だったものが、現在、大企業同盟が239社、中小企業同盟が98社の集まりになっていて、3ヶ月に1回定例会をおこなっています。社会環境の変化にともない会社としてどのようにサポートしたら良いかをお互いの事例や課題の共有を通して議論しています。

■両立について考える 【両立は誰のものか】

1990年代の両立は女性の就業継続をサポートするためのものでした。それにより、結局は女性が「仕事も育児も」担うことになり、就業は継続するけれど、キャリアアップには繋がりませんでした。その後、2008年にスタートしたワークライフバランスの取り組みや2010年に内閣府でイクメンプロジェクトが始まり、父親の家庭参画という考えが広がっていきました。2014年以降は女性のキャリアアップの推進に舵をきりました。そして、現在ではダイバーシティ&インクルージョンの考えのもとに、両立は女性だけのものから「全ての人」のものとなり、性別や年齢にかかわらず、全ての人が主体的にライフ&キャリアデザインをやっていくという考えにシフトしました。

■両立に必要な3つの力

仕事と育児の両立に必要な3つの力について紹介します。
① 取説力
育児期当事者が自分自身で、働き方やキャリアのイメージ、両立支援制度の活用とその期間、やりたいこと・学びたいこと、大切にしたいこと、サポートが必要なことを考えて、それを家族と共有します。それによって両立は「私だけ」のものではなく「家族」のものになります。

また、職場とも「私のトリセツ」として共有します。特に大切なことは「できないこと」ではなく「できること」や「どうしたらできるか」を共有することです。それにより、周囲の人たちはよりサポートしやすくなります。

② 相補力
以前は家事育児主担当と稼得の主担当が性別により固定された「スペシャリスト型」夫婦が主流でした。今は役割をいつでも交代できるジェネラリスト型の夫婦が多くなっています。
家計も家事育児も夫婦や家族で担うというマインドを持ちましょうとも伝えています。

③ 連携力
同居家族だけで両立体制を創るのではなく、家族や親戚、友人などの「人」や、家事代行サービスや病児保育などの「こと」や便利家電などの「もの」を活用して様々なリソースと連携しながらわが家流のチームを創ることを進めています。

■育児期とその先のキャリアを考える

育児期とその先のキャリアを考えてもらえるようにする鍵は、成長実感です。
リクルートキャリアが2020年におこなった「働く喜び調査」では、ビジネスパーソンの約88%の人が「働く喜びが必要」と答えています。
自分が成長していると感じられたり、仕事内容が変わったりすると、働く喜びを感じます。これが育児期の当事者たちにとって非常に重要です。

育児期の人たちはよく、家事育児に支障がなければ自分は仕事と育児の両立が出来ていて満足、と考えてしまいがちです。一方で、仕事に不完全燃焼感を感じてもやもやしています。「自己成長」を感じていないことが一因と考えられます。

上司とのコミュニケーションの際に大切なことは、現状だけではなく、希望も伝えることです。その希望に近づくためにどのような選択肢や方法があるかを上司と壁打ちをしましょう。また、上司は本人の希望を聞きながら必要な情報や情報を提示しましょう。上司以外にも壁打ち相手を社内外に複数持つことをお勧めしています。

■育児期の両立&キャリア研修紹介

対象の幅がこの数年で広がったと感じています。
これまでは育休中~復職後1~2年の方が対象でしたが、最近ではもう少し前倒しで妊娠期からの両立支援に力を入れる企業が増えています。

上司を巻き込む研修も増えています。研修の中で、最初から最後まで同席する研修もあれば、研修中30分~1時間だけ上司が同席する研修もあります。オンラインになって上司の同席をしてもらいやすくなっています。

研修時間は多くの場合が90分~180分です。
インプットだけの研修ではなく、ワークや対話を通してご自身の働き方やキャリアについて考えていただくことを大切にしています。「育児期の両立」に対する考え方やイメージが多様なため、講師である私の話や他の受講生との対話を通して考えていただくことがとても大切です。
また、人事部の方が感じている課題と、実際の現場の課題とがズレている場合もあり、研修までのヒアリングも大切にしています。
フォローアップで、座談会形式の振り返りをおこなうとつながりが自然とできる場合もあります。
継続的に集まる機会を持っていくと、取組が広がることもあるのでおすすめです。

是非お気軽にお問い合わせください。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする