「トレーナー選びで失敗しない」ポイント!
~研修会社のコーディネーターの視点から~

研修を失敗しないためのトレーナー選びとは

エナジースイッチは、研修会社の「コーディネーター」的な一面もあります。
クライアント企業の要望を汲み取りながら、それをかなえる外部のトレーナーをマッチングし、研修当日に向けて、仕立てていくのです。

13年以上の場数を踏んでいますから、それなりにノウハウや実績もあります。
・・・が、正直、なかには“失敗”もありました・・・。
思い出しても身が凍る、研修の場がフリーズするような、事務局のクライアント人事の方のピリピリが空気で伝わってくるような、それはそれは恐ろしいシーンです。

そのような経験を積み重ね、確たる自信を持って大声で叫べるのは、
「研修は『何を伝えるかよりも、誰が伝えるか』が非常に大きい」ということです。
まったく同様の内容を、複数の教室に分かれて同時並行で進める研修などでは、そのことが顕著に現れます。

きっとここは、“論理”ではなく、厄介なことに“感情”の部分なのです。
“相性”とも言えますが、“失敗”とまで言えるような展開の場合は、そういった個別性以前に、汎用性のある地雷みたいなものがある、というのが、エナッチの見方です。

いくつかある「危険信号」のなかから、今日は、
台本を用意しているトレーナーには要注意、
ということについてお伝えします。

 

トレーナーのスキルには、“ライブ感あふれる進行”ができることも重要

特に、人事の担当の方で、“きちんと手順通りに”仕事を進めたいタイプの方は、要注意です。こういう方は、大雑把に進められると不安になり、事前にきちんと詰めておきたく、細かく準備しているトレーナーを見ると、安心する傾向にあります。

・・・・が、「準備は普段からする」のが正しいのです。
その研修のために準備をするのではなく、普段から、どのようなリクエストや案件にも対応できるように、インプットしているのが、真にプロフェッショナルなトレーナーです。

そのような点から、弊社がもっとも「要注意」と感じるポイントのひとつが、
打刻された細かい台本を用意してくるトレーナーです。
研修は、ナマモノです。

受講者との掛け合いで進み、受講者がどういう玉を投げてくるかは、その場になってみないとわかりません。腕に覚えのあるトレーナーは、“ライブ感あふれる進行”を、みんな、大切にしています。
ですから、分単位で打刻された細かい台本を見たら、どうかお気をつけください。
そこには、“受講者”が存在しないからです。そして、その裏側には、“自信のなさ”“不安”が、チラチラ見えるのです。

自分がどのような話をし、どのように進めるかだけの視点で作り込まれた台本、
これでONE WAYの研修を受講する社員の方々こそが、気の毒です。
ご担当者として、事前に、打刻したカリキュラムを確認するとか、テキストの事前チェックをしておきたいとか、ご不安はわかりますが、それはむしろ、“イケてない”トレーナーの得意領域です。
ぜひ、トレーナーの“ライブ”をもっとご覧ください。

関連記事
関連記事

ストレスへの対策ってどうしたらいいの?「ストレスマネジメント」の効果とは

ストレスに対し適切な対処をすることで、ストレスによる影響を軽減し、ストレスと上手に付き合っていくためにおこなう対策が、ストレスマネジメントです。
このコラムでは、ストレスへの対処法について解説し、弊社で実際におこなったストレスマネジメント研修の事例をご紹介します。

Read More »

わかりやすい伝え方 〜本当に実践できる3つのやり方〜

指示された作業はできるけど、それを人に説明してほしいと言われると途端に困ってしまう、そんな誰かへ説明することに苦手意識を持つ人は少なくありません。
今日のテーマは、「わかりやすい伝え方」です。説明のやり方はわかっても、それがうまく実践できないという方のために、そもそも「わかりやすい」とは何か?本当に使えるわかりやすい伝え方について、その本質から解説します。

Read More »

徹底解説!人的資本経営は人材育成にどのような影響を与えるのか

近年、「人的資本経営」というワードに注目が集まっています。
ISO30414など、世界では企業のもつ「無形資産」を重要視する動きがもともと活発でしたが、いよいよ日本でも、2020年9月に、いわゆる「人材版伊藤レポート」が公表され、多くのメディアが人的資本を取り上げるようになっています。

Read More »

木を見て森も見る!システムシンキングでより効果的な改善策を考えよう!

今回のコラムのテーマは「システムシンキング(システム思考)」、何か問題があったら「木を見て森を見ず」ではなく、全体像をとらえながら、より効果的な対策を考えようという思考法です。
これが身につけば、日常の仕事が改善できるだけでなく、お客様への提案力なども向上します。

Read More »

仮説思考で問題解決のスピードを向上させよう

仮説思考とは、原因の特定や選択肢を絞り込む際、先に仮の結論や結果の予想をおこない、その仮説をもとに必要な情報を収集することで、効率良く目的を達成するという思考法です。この仮説思考の習慣が身につくと、結論や結果を出すまでのスピードが格段に向上します。

Read More »

プロジェクトマネジメントを実践し自分とチームを成長させよう

つまり、プロジェクトを成功に導くプロジェクトマネジメントを学ぶことは、
自身やチームの成長に必要な意識や振る舞いを学ぶことと言っても
言い過ぎではありません。

今日は、そんなちょっと敷居は高そうでも、知っておけば必ず役に立つ
プロジェクトマネジメントについて解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする