リーダーシップを身につける「経験学習型リーダーシップ開発」とは

みなさんは、「リーダーシップ開発」という言葉を聞いたことがありますか?

リーダーシップを発揮する、という言葉はよく聞きますが、
リーダーシップを開発する、という言葉はなかなか耳にしないのではないでしょうか。

シェアド・リーダーシップのコラム
“リーダーシップとは誰でも発揮可能である”ということをお伝えしました。

この前提に則って、“リーダーシップをどのように開発(強化)するのか”ということを研究した分野が、リーダーシップ開発です。

今回は、リーダーシップ開発の手法について分かりやすくご紹介しつつ、
その中でも経験学習型リーダーシップ開発にスポットライトを当てていきます。

リーダーシップ開発の2つの型

Off-JTでリーダーシップを開発する手法には、2種類の型があります。

1つは、知識・スキル型です。
これは、リーダーシップ自体に関する知識や論理思考・コミュニケーションといった、スキル面を強化する形の学びです(舘野 2019)。

これにより、知識・スキルという表層的な面から、リーダーシップの発揮を促進することができます。

こちらのコラム で、リーダーシップを発揮する人が持つべきスキルについてご紹介しましたが、それらの能力を養うための学びの場が、知識・スキル型のリーダーシップ開発にあたります。

もう1つは、リーダーシップを発揮する経験を通して学ぶ、経験学習型です。

経験学習型は実際にリーダーシップを発揮した後、その経験をもとに内省することでリーダシップを学ぶ手法のことです(舘野 2019)。

これにより、深層的な自己の価値観を見直したり(セルフアウェアネス)、それにもとづいてリーダーシップ行動の変化・定着を促すことができます。


そもそも経験学習とは、デイビッド・コルブによって提唱された理論です。

上の図にあるように、経験学習とは、

①能動的で具体的な経験を積み、
②それらを内省して自身の中に概念として定着させることで、次なる経験に活かす

というサイクルからなっています。つまり、経験をもとに成長するフレームワーク、ということです。

このように、リーダーシップ開発には「スキル・知識型」と「経験学習型」の2つの型があります。

このコラムでは、2つ目の型である、経験学習型リーダーシップ開発について
さらに詳しくご紹介します。

経験学習型リーダーシップ開発の事例

経験学習型リーダーシップ開発について簡単にご紹介してきましたが、
まだ具体的なイメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここからは、経験学習型リーダーシップ開発の実例についてご紹介しながら、経験学習型リーダーシップ開発がどのように実践されているのかをご理解いただきたいと思います。

今回取り上げる事例は、
北海道の美瑛町でおこなわれた、異業種5社の民間企業に勤める若手管理職を対象にした、アクションラーニング型のリーダーシップ開発研修です(中原 2019)。

この研修は、異業種の企業から幹部候補を5人程度ずつ集め、美瑛町の地域課題解決をおこないます。

つまり、地域課題解決が「経験」の部分にあたります

具体的には、集められた異業種の幹部候補で4〜5人のグループに分かれ、最終的に美瑛町長にグループごとにプレゼンテーションをおこないます。
これにより、受講者が本気で地域課題解決に挑める状況を作り、リーダーシップを自発的に発揮してしまう環境を作り出します。

そして、その経験を内省することで、幹部候補らのリーダーシップの成長を促すのです。

具体的には、地域課題解決を共にしたグループメンバーで相互にフィードバックをおこない、それを踏まえて個人で振り返ります。

これにより、ジョハリの窓における「盲点の窓」を開くことができるので、自身のリーダーシップ発揮についての自己認識が促進され、振り返りの質が格段と向上します。

この研修を、先述した経験学習型リーダーシップ開発のサイクルに照らし合わせると、
以下のように置き換えることができます。

①リーダーシップを発揮する経験の場
=美瑛町の地域課題解決のプランを、異業種の幹部候補が集められたグループで発案する

②その経験を内省する場
=課題解決を共にしたグループ内でお互いにフィードバックし、それを踏まえて自身のリーダーシップ行動を振り返る


このように、経験学習型リーダーシップ開発は基本的な型として
①リーダーシップを発揮する経験の場
②その経験を内省する場
のサイクルで構成されており、その「経験の場」と「内省の場」をいかにデザインするか、によって研修の内容が変わってくるのです。

経験学習型リーダーシップ開発の4つの効果

ここまで、経験学習型リーダーシップ開発の基本的なサイクルや、事例についてご紹介してきました。それでは、そんな経験学習型リーダーシップ開発にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

経験学習型リーダーシップ開発には以下の4つの効果が期待できると言われています。

①リーダーシップへの理解が深まる
リーダーシップの基本的な考え方、つまり”リーダーシップとは誰もが発揮可能である”
という考え方を体感できます。

知識・スキル型と経験学習型の最も大きな違いは、「リーダーシップを体感できる」という点です。頭では分かっていても、いざ職場に行くとリーダーへの固定観念を感じてしまう方もいるのではないでしょうか?

経験学習型で「リーダーシップは誰もが発揮できるものだ」という認識を、自身の経験と共に落とし込んでいくことで、リーダーシップへの理解が深まります。

②自己理解が深まる
実践を通して、自分らしいリーダーシップとは何かを知ることができます。
経験学習型は、リーダーシップを発揮して終わりではなく、「内省」することで成長を促します。

そして、自身のリーダーシップが発揮されている場にいる同じグループのメンバーからフィードバックをもらうことで、「盲点の窓」が開き、さらに自己理解が深まります。

③協働性が身につく
自分だけが良い思いをするのではなく、グループやグループメンバーのために何ができるかを考えるようになります。

グループメンバーと一定期間を共にし、グループとして成果を出すことが求められるので、独りよがりではなく、仲間と協働しながら成果を高める姿勢が身につきます。

④専門知識・スキルが身につく
実践を通して、経験の内容にもとづいた専門知識やスキルを獲得できます。

ここでの専門知識・スキルとは、「経験の場」で必要となる知識やスキルのことを指します。例えば美瑛町の地域課題解決であれば、課題発見スキルや分析力
美瑛町についての理解も深めることができます。


このように、経験学習型リーダーシップ開発では多くの効果があることが分かります。

そして、受講者はこれら4つの効果を獲得することで、職場でもリーダーシップを発揮できるようになっていく、つまり行動変容を促せるのです。

経験学習型リーダーシップ開発の3つの留意点

経験学習型リーダーシップ開発には多くの効果があることが分かりました。
それでは、留意点となるデメリットはあるのでしょうか?
留意点は、3つ挙げられます。

1つ目は、実施するために費用面・時間面においてコストがかかることです。
運営側は、リーダーシップを発揮できる環境作りをおこなうため、綿密なオペレーションを組んだり、受講者が所属する企業との連携を図ったりする必要があります。

受講者側も、業務時間外に課題に取り組んだり、自身のあり方やグループメンバーとの関係性と向き合う必要があります。

研修時間外にもグループワーク等の時間が確保できるなら問題はありませんが、普段の業務がある中で、並行して経験学習型リーダーシップ開発の研修をおこなうことの難しさは
ハードルになるといえます。

2つ目は、「経験の場」として失敗してしまうリスクがある、ということです。
具体的には、グループ内でフリーライダー(手抜きをしてしまう人)が発生することなどにより、リーダーシップを発揮する機会が失われてしまう可能性もある、ということです。

一方で、「内省の場」をしっかりと作ることができれば、その失敗から学ぶことも可能なので、運営側のフォロー次第で取り返しはつくといえます。

最後に3つ目は、リーダーシップについて体系的に学べるとは限らない、ということです。
受講者は経験をもとに学ぶので、経験の内容によってリーダーシップへの捉え方や学びの内容が変わってきます。そのため、リーダーシップの種類などについて体系的に学ぶことはできません。

これについては、冒頭でご紹介した知識・スキル型と
並行しながら経験学習型を実施することで、それぞれのリーダーシップ開発手法において
不足している部分を補い合うことができます。

体験学習型リーダーシップ研修事例の紹介

ここからは、弊社で実際に実施した体験学習型リーダーシップ研修の事例をご紹介します。

前述のとおり、本格的に体験学習をおこなうと、費用や時間というコスト負担が大きくなります。
そこで、集合研修というOff-JTの場でも、体験学習を通じてリーダーシップを学べるように実施した、合計3日間の選抜型研修事例です。


【研修事例】

テーマ
「提案型の仕事スタイル、職場風土に変える」ためのプロジェクト型研修 

ねらい
・提案型の仕事スタイルを自ら実施し、さらに組織へ広げるプロジェクトに取り組むことを
 通じて、リーダーシップを発揮できることに気づき、自分が周囲に与える影響力の大きさ
 を体感する
・“与えられたことだけではなく、自身で課題を設定し、やりきること”を習慣化できる
 ようになる

内容
① オリエンテーション
トレーナーだけでなく、研修事務局や社長からもメッセージを発することで、
研修に集められた意味を共有し、積極的にプロジェクトに取り組むマインドを醸成します。

② プロジェクトイメージを具体化する
プロジェクトを実践していくにあたり、“提案型の仕事スタイルの方法”を、
おもにナレッジファシリテーションの手法を使って可視化します。
(1)プロジェクトとは
(2)チームビルディングワーク
(3)提案とは何か、提案型仕事スタイルとは何かを言語化する

③ 具体化したプロジェクトを実践する
DAY1で具体化したプロジェクトに実際に取り組みます。
実践状況を確認したうえで、DAY2で振り返りをおこない、
プロジェクトをブラッシュアップします。

また、周囲を巻き込みながら提案を進めていくために、
ストーリーテリングの手法を学びます。
(1)DAY1終了後の実践事例をもとに、課題と悩みを共有
(2)プロジェクト「提案型の仕事スタイル2.0」を作成する
(3)組織全体に「提案型の仕事スタイル」を広げていくためには

④ ブラッシュアップしたプロジェクトを実践する
DAY2でブラッシュアップしたプロジェクトに実際に取り組みます。
実践状況を確認したうえで、DAY3で振り返りをおこない、
さらにプロジェクトをブラッシュアップします。
(1)DAY2終了後の実践事例をもとに、課題と悩みを共有
(2)「提案型の仕事スタイル」を組織風土にするためには

⑤ 経営陣に向けたプレゼンテーション
DAY3で再度ブラッシュアップしたプロジェクトを、
経営陣に向けてプレゼンテーションします。
(1)プレゼンテーション準備
(2)最終プレゼンテーション

⑥ 振り返り
組織の目指す方向性を示すために、経営陣の方々から、ミッション・ビジョンについて話をしていただいたうえで、これまでの活動やプレゼンテーションを振り返ります。

現場と経営(縦)と部門間(横)の共感関係をつくることで、今後の実践につなげます。
(1)経営陣からのご講話
(2)振り返り


弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが400名以上おり、
個社ごとに合った研修をプロデュースしております。

リーダーシップをテーマにした研修バリエーションも豊富です。
本記事を参考に、是非自社の目的や課題に合った研修を実施してみてはいかがでしょうか。

● 参考文献
○ 舘野泰一、高橋俊之、2019、『リーダーシップ教育のフロンティア【研究編】:高校生・大学 生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ」』北大路書房
○ 中原淳、2019、『リーダーシップ教育のフロンティア【研究編】:高校生・大学生・社会人を 成長させる「全員発揮のリーダーシップ」』北大路書房、113-128。
○ Kolb, D. A. 1984. Experiential Learning: Experience as the Source of Learning and Development, Prentice Hall.

関連記事
関連記事

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

【50代のキャリア開発】「人生100年時代のワーク・シフト」50代ベテラン社員に必要なキャリア再構築

今回のテーマは「50代社員のキャリア設計」です。この20数年、環境が猛スピードで変化していく中、それを働きながら乗り越えてきたのが50代社員たちです。そんな急激な変化の中、会社とみんなのために先頭に立って道を作ってきた人たちが、今、50代という人生の節目を迎えて、自分自身の道を見つめ直す時にきています。今回のコラムでは、50代社員に必要なキャリア設計と、それを支える周りのサポートについて解説します。

Read More »

インクルーシブ・リーダーシップを身につける最初の一歩とは?

インクルーシブ・リーダーシップとは、直訳すると包括的なリーダーシップという意味です。さまざまな価値観を持つ社員を集めてダイバーシティな職場にしたとしても、インクルージョンする存在がいなければ組織として成果を上げることができません。多様な個性と組織の成果の間に立ち、両者をつなぐインクルーシブ・リーダーシップが今、求められています。

Read More »

女性活躍を阻むオールド・ボーイズ・ネットワークとは ~ シニア男性のジェンダー意識への対策 ~

オールド・ボーイズ・ネットワークとは、マジョリティである男性が築いてきた暗黙のルールや、いわゆる“お約束”に満ちた仕事の進め方や人間関係のことです。たとえば日本企業では、社内外にある男性同士のコネや人脈が重要視され、飲み会やゴルフの場など、非公式の場で出た話で仕事が進むことがあります。このオールド・ボーイズ・ネットワークに女性が参画することができれば、これまで以上に女性が活躍することにつながります。

Read More »

「こんなはずじゃなかった・・」やる気を失いかけた20代社員のためのキャリア開発の基本

「自分にはこの仕事は向いてないのかも・・・」こんな声を内に秘めて働く20代はたくさんいます。自分がどうなりたいかは、最終的には当人の問題です。しかし、自分だけではキャリアをうまく考えられない社員もいます。悩める20代社員のために、会社側は、彼らのキャリア開発について考える機会を与えることと、そのキャリア開発を実現するサポートをする必要があります。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする