女性のライフとキャリアを支援するためにできる3つの取り組みとは

女性活躍推進の現状

2019年6月には女性活躍推進法が改正され、
2022年4月からは従業員数101人以上300人以下の事業主が
新たに「一般事業主行動計画」の策定・届出義務の対象となることになりました。

また、2020年6月からは、従業員数301以上の事業主に対して、
女性活躍に関する情報の公表義務の項目が追加されており、
多くの企業で女性活躍への対応が求められています。

最近では、男性育休に関する法改正も決まり、
男性への支援も盛んになってきました。

そのような公的な後押しにもかかわらず、ジェンダー・ダイバーシティは
日本において課題であり続けています。

2021年3月に発表された、男女平等の度合いを示す、
世界経済フォーラムの「ジェンダーギャップ指数」では、
日本は156か国中120位といまだ低迷しており、
2020年までに指導的地位に就く女性比率30%を目指すとしていた
政府の目標も未達成で、先送りの計画に書き換えられています。

日本が女性活躍の途上国にとどまり続けている背景には、
さまざまな要因が考えられますが、女性自身の管理職志向が低いということが
要因の一つとして指摘されています。

ライフとキャリアの両立が求められている背景とは

独立行政法人、国立女性教育会館の
「男女の初期キャリア形成と活躍推進に関する調査報告書(第五回調査)」
によると、入社時から一貫して、女性の管理職志向が男性のそれよりも低いことが
確認されています。

しかも男性の管理職に対する志望は、
入社1年目が97%、5年目であっても87.9%と維持されているのに対し、
女性の管理職に対する志望は入社1年目が60%、
5年目で37.6%と顕著に減少しています。

一方で、「男性の方がリーダーに向いている」と思う人は、男女ともに少数派で、
男性も女性も「男性の方がリーダーに向いている」と考えているわけではありません。

では、なぜ女性の管理職志向が顕著に減少するのでしょうか。
報告書によると、管理職志向のない女性の理由(複数回答)として最も多かったのが、
「仕事と家庭の両立が困難になる」(69.3%)でした。

ちなみに、男性と違いが大きかった回答は、
「自分には能力がないこと」と「同性の管理職がいない」ことでした。

この結果からも、仕事と家庭の両立が困難だと感じている女性や、
自分には能力がないと自信を持てない女性に対して、ライフとキャリアの両立
できるような対策が求められています。

企業の女性活躍推進への取り組みの現状

対策が求められているとはいえ、以前から女性活躍が課題だと言われ続け、
2020年2月の内閣府男女共同参画局「第5次基本計画策定専門調査会」の
発表にもある通り、「やれることはやった」という企業も多いと思います。

・時間外労働削減、有給休暇取得推進と時間単位などでの取得推進、
子の看護休暇制度などの家庭と仕事の両立支援
・フレックスタイム制度、テレワーク制度、ジョブリターン制度などの
柔軟な働き方改革
・小学校入学祝い金、出産一時金などの福利厚生制度

このように、女性がキャリア形成を阻害する要因を排除しようと、
制度整備を進めた企業は多いです。
それでも女性活躍が思ったように進まない現状において、
他にできることはあるのでしょうか。

女性活躍を阻む真の要因とは

実は、女性活躍を阻む真の要因は、
女性社員にとって「働きやすい環境がない」ことではなく、
「ビジネスパーソンとして継続的に成長ができる環境がない」ことです。
そのため、女性社員が離職してしまう大きな理由としてキャリアイメージを持てないことが挙げられます。

その課題を解決するために、以下の3つの取り組みをおすすめします。

・アンコンシャスバイアスをなくす継続的な取り組み
・仕事と家庭の両立への不安を減らす取り組み
・女性が管理職になることの魅力と具体的なイメージの醸成

アンコンシャスバイアスをなくす継続的な取り組み

先ほど、女性自身が「自分は能力がないと認識している」という話をしましたが、
2017年の報告書では、以下のような報告があります。
「仕事が始まると男性の方が仕事を任されるようになり、
女性は男性社員がやらないような雑用的な仕事をやらされた。
男性はどんどん自信をつけていき、女性は自分が仕事ができないと錯覚するようになった。」

このことからもわかるように、マネジメント層がそもそも、
「女性活躍推進の重要性を認識していない」「自分とは関係ないと思っている」
といったマインドであるパターンも実際にはまだまだ多いです。
そのような場合には、マネジメント層に対して多様性推進を理解してもらうために、
アンコンシャスバイアスに対する継続的なインプットをおこなうことが有効です。

アンコンシャスバイアスは誰にでもあるものなので、
それ自体を否定することはありませんが、このような思い込みによって
ふと出てしまう会話や指示で、女性が自信を失う可能性は大いにあります。
マネジメント層に向けてアンコンシャスバイアスについて知ってもらう機会を
作るというのは、非常に重要な取り組みの1つです。

仕事と家庭の両立への不安を減らす取り組み

制度を整えることも重要ですが、それを使ってもらうことも同じくらい重要です。

特に女性の場合、結婚・出産・子育てなどにより機会やキャリアが失われることから、
働く女性が結婚・出産に対して消極的になり、育児と仕事の両立に強い不安を
感じている現状があります。

時間制約、その他制約、一時的な休業や家庭・プライベートとの両立を
可能にするための評価、職場環境、仕組みを作っていくことが大切です。

例えば、社内では、様々なライフイベントを経て管理職の仕事をしている方々を
招いた社内講演などがあります。
自分自身がライフイベントを迎える前にどのように制度を知ったのか、
どのように利用したのか、上司や職場メンバーへの根回しはどうおこなったのか、
など実体験を交えて複数人の先輩社員から伝える場があると、
制度や仕組みの活用は進みやすいと言われています。

個別に詳しくに知りたいことや不安に思っていることも多いと思うので、
質疑応答の時間をしっかり取ることや、参加者同士のその後の
ネットワーキング形成を支援することなども効果的です。


また、当事者である女性の不安を取り除く支援をするために、
外部セミナーを開催することも有効です。
例えば、仕事と家庭の両立を日々、もしくは中長期的に考えられるようにするために、
以下の4つの力について紹介するセミナーがあります。

・整理、共有する力
・補う力
・頼る力
・広げる力

詳しくは無料セミナーを開催してご紹介しますので、
是非お気軽にご参加ください。
※セミナー終了後は、編集した動画へのリンクを貼り直す。

女性のやりがいを高めキャリア形成を支援する研修事例紹介

最後に、女性のやりがいを高めるための研修事例を紹介します。
下記のグラフにある通り、昇進意欲とやりがいには関連性があります。

仕事に対するやりがいを感じられるようにすることで、管理職になることも、
自身のキャリア選択の1つとして考えられるようになります。


***研修事例紹介***

【私達の「いま」を確認する】
仕事や生活を振り返り自分たちの現在の気持ちに目を向ける。
そのうえで不安、グチ、ネガティブな感情を吐き出して「これから先」の気持ちを整理する。どのようにすれば解決できるのかを考える。

【自分のことを理解する】
自身のリソースと強みを洗い出す。
無限にあると思っている時間の限界と、残された時間や現実に目を向ける。
自分が大切にする考えや価値観(優先順位のつけ方)、自分らしさを内省して考える。

【ロールモデルについて考える】
ロールモデルとはどのような存在か?どのようなロールモデルが必要か?
ロールモデルをみつけたら何をするのか?をディスカッションし整理する。
そして自分自身がロールモデルになっている状態を想い描く。

【キャリアサクセスをつくる】
自分にとっての仕事が成功している状態を思い浮かべ、
ライフイベントの前にキャリアプランをつくる。
成功に向けた戦略づくりをしたうえで、仕事の目標、
達成したいことを明確にする。

【将来の姿をイメージする】
キャリアとは何か、ビジョンとは何かを理解する。
10年後の自分を想像し逆算して必要となるスキルや人脈などのリソースを整理する。
受講者同士のインタビューワークによって、さらに考えを深堀りしていく。

【キャリアプランニングをする】
30歳までの戦略的なキャリアの計画を立てる。
目標達成に向けた具体的な行動計画を上司に報告し、
どんな成果を上げるためにどのような支援が必要かを面談の場で伝え協力者になってもらう。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする