若手社員にフォロー教育を実施し、エンゲージメントを高める

若手社員にフォロー教育を実施しエンゲージメントを高めるために

入社2年目社員の現状

2020年度入社組の方々は、コロナの影響により、例年に比べ充分なOJTの機会を
得ないまま働いています。そして以下のような状況が続いている方が多いです。

2020年度入社組が2年目となった今の状況・心境

入社式含めてリモートワークが進み、交流が深まっていない
先輩社員や上司と机を並べて一緒に仕事をする機会が少ない
ちょっとしたわからないことを聞きづらい環境にいる
組織の横連携が見えず、会社全体の情報を得ることができず不安
在宅勤務で、会社のイベントが少なく所属している感覚が薄い

入社2年目社員に担ってほしい役割り

2021年の4月には、新入社員の方々が入社し、2020年度入社組の方々にも、一年先の先輩として担ってほしい役割があります。

2020年度入社組が2年目となり期待すること

先輩社員として新入社員の仕事のサポート
在宅勤務経験のある先輩社員として、新入社員の不安の解消
仕事を覚えて自己完結できる仕事を増やす
できることを増やして仕事の量を増やす
若手としてチームに勢いや元気を与える
チームの業務の効率化を考えた改善提案
企業の変革を将来的に推進できるように育つ

 

入社2年目社員への取り組みで大切な考え

2020年度に入社2年目になる社員の方々に向けて、
弊社が実施した研修を振り返り、大切なポイントをまとめました。

仕事でのコミュニケーションを学ぶ

成果を出すためには自分一人で抱えない。
日々コミュニケーションを大切にし、周囲の人に協力してもらって成果を高める。

会社に愛着をもつ

あらためて入社時の想い、自分が誰の何に対して貢献したいか、何のために働いているのか?を整理する。

社会人としての自信をつける

社会人になって獲得してきた知識やスキルをあらためて言語化する。後輩の指導・サポートにも活かす。

入社2年目社員 2020年実施済みプログラム事例 

先述のポイントを踏まえ、
弊社で実際に実施したオンライン研修プログラムを紹介します。

研修の目的

困難な状況や制約の多い環境下でも、成果を追い求めるための姿勢や思考法を学ぶ
入社からの1年半を振り返り、社会人としての「自分の特徴(強み・課題や期待・価値観)」
 を知り自らの成長プランを作成する

カリキュラム例

・変化の中にあって、成果を出すために必要なもの
・先輩社員の事例から成果を上げるコツを紐解く
→【仕事でのコミュニケーションを学ぶ

・社会人としての現在の私を知る
・自分自身の強みや弱み価値観を掘り下げる
社会人としての自信をつける

・職場からの期待のメッセージを受け取る
・2年目終了時までのありたい姿と行動プラン作成
→【会社に愛着をもつ

入社2年目社員 2021年カスタマイズプログラム案

ねらいの大枠は変更の必要はありませんが、以下の点をカスタマイズすることで研修効果を高めることに繋がります。

仕事でのコミュニケーションを学ぶ

【カスタマイズポイント】
リモートワークでも上司や先輩に遠慮せずに頼る方法を知る。

社会人としての自信をつける

【カスタマイズポイント】
コロナ禍の困難な状況で1年頑張ったからこそ、遂げた成長があり、それを言語化し自信をつける

会社に愛着をもつ

【カスタマイズポイント】
研修後のアクションプランに今後の2年後3年後の自身の姿を具体的に記載する。また、上司から具体的な期待をフィードバックしてもらう。可能であれば、メンターをつけ伴走してもらう。

入社2年目社員 2020年実施済み受講者の声

「日々業務に追われ、自分を見直す機会がなかなかないので有意義な時間となりました。」
「目標達成に向け焦らず着実に成長していけるよう今後も日々の業務に励んで参りたいと思います。」
「テレワークが主となる環境ではありますが、「自問」「協働」思考ができるよう自らの業務を見直していきたいです。」
「同期を見習ってポジティブな発言、思考で仕事ができるように頑張りたいと思います。」
「同期の様子や考えを共有できたことで、共通点や相違点を理解することができました。」
「自分の現状や目標を同期と共有し合うことで、今後の自分のキャリアプランを少しずつイメージできました。」
「今回学んだWill/Can/Mustを自分の力にできるよう努力してまいります。」
「今後は自分自身で目標設定を行えるよう吸収した知識を活用していきたいです。」

関連記事
関連記事

“言われたことしかできない”主体性を発揮できない若手社員が一皮むけて成長するための人材育成と働く環境づくり

「そこまで言わないとわからない?」「なんで言われたことしかできないの?」と、ストレスを感じた経験は、誰もがお持ちではないでしょうか。今回のコラムでは、言われたことしかできない若手社員に対して歯痒い思いをしているリーダーのために、主体性を発揮できない若手社員を一皮むかせる方法について解説します。

Read More »

対話とは ~対話の意味や必要な理由、対話のやり方、対話と会話の違いを解説~

「管理職に昭和の関わり方をやめてもらって、部下と対話できるようになってほしい」と思う人事・教育担当者は多くいらっしゃいます。一方で、「わかっているけどうまくできない」というのが多くの管理職の方の本音です。対話をうまく活用することで、管理職の方は部下と信頼関係を構築し、部下はもちろん自分も成長させることができます。このコラムでは、対話の意味や必要な理由、対話のやり方、対話と会話の違いなどをご紹介します。

Read More »

上昇志向が持てない若手&中堅社員に必要な3つの対策

日本のビジネスパーソンは最も“学ばない”といわれ、また、最近の若手社員の4人中3人は出世を望まないともいわれています。なぜ、日本のビジネスパーソンは成長意欲や上昇志向が低いのでしょうか。 今回のコラムでは、真面目だけど出世や成長に対して強い思いがもてない若手・中堅社員の特徴や、成長意欲や上昇志向がもてない原因、彼らのマインドを変えるための対策について解説します。

Read More »

リーダーとは ~リーダーの役割や大切なこと、必要な要素やスキルを解説~

ニューノーマルといわれる時代を乗り越え、組織として持続的に成長していくためには、組織をけん引するリーダーの存在が不可欠です。近年では、リーダーシップを発揮するのに肩書きは不要で、一人ひとりがリーダーシップを発揮することが強い組織づくりには重要だという考え方が主流です。本日は、そんなリーダーの役割やリーダーにとって大切なこと、リーダーに求められる要素やスキルをご紹介します。

Read More »

若手社員の育成を成功に導くコミュニケーションのコツ 〜効果的な指導方法や若手社員の育成研修事例をご紹介〜

やっとの思いで採用した若手社員の定着や成長のために重要なのが、OJTや日々の業務でおこなうコミュニケーションです。ですが、相手と状況に応じた適切なコミュニケーションができなくては、若手社員育成にはつながりません。このコラムでは、忙しい上司でもできる、伸び悩む若手社員の成長を促すコミュニケーションのコツをご紹介します。

Read More »

ダイバーシティ研修の内容と選び方とは? ~目的や求められる効果を解説~

ダイバーシティ研修は、ダイバーシティ&インクルージョン推進の目的を実現するために、当事者、周囲の関係者、そして組織の意識や行動を変えるために実施されます。ですが、ひとくちにダイバーシティ研修といっても、漠然としすぎて、何をしていいのかイメージができない人事・教育担当者の方も多くいらっしゃいます。このコラムではダイバーシティ研修の全体像を、対象者別に整理してご紹介します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする