対人関係を良くする傾聴のマインドとスキル

今回は、コミュニケーションの中でも「傾聴」にスポットライトを当てて、
対人関係に役立つ傾聴のマインドとスキルをご紹介します。

傾聴とは、「深いレベルで、相手をよく理解し、気持ちを汲み取り、共感する」聴き方です。
傾聴ができる人は、良好な人間関係を築くことができるようになります。

また、対人関係のコミュニケーションでは、傾聴のスキルを身につけるだけでなく、
そのスキルを使う人がどのようなマインドでいるかが重要です。
マインドが土台にあってこそ最大限にスキルを活かすことができます。

傾聴が活用されている場面とは

上司と部下とのコミュニケーションの取り方の一つとして、傾聴力が必要とされる、
1on1ミーティングに注目が集まっています。
その名の通り、上司と部下で行う定期的な1対1のミーティングです。
ただ、評価や管理のための人事面談とは異なり、部下の成長をサポートするための時間が1on1です。

「日本の人事部 人事白書2020」によると、1on1ミーティングを導入している企業は、
従業員規模に関わらず約40%前後となっており、その約95%の企業が
1on1ミーティングを継続する意向を示しています。

1on1ミーティングに期待する効果としては、
部下のモチベーション向上や円滑なコミュニケーション、
信頼関係の強化などが多く聞かれます。

繰り返しになりますが、その1on1ミーティングを成功させる要因として
最も必要なことが、「上司の傾聴力」です。

傾聴に必要なマインドとは

部下に対して傾聴をすることで期待される効果は以下の3つです。

・心理的安全性の実現
・とらわれへの気づき
・自己決定によるコミット

つまり傾聴をすることで、「上司や会社が解決してくれないんだ」という
部下の他責の考えを自責に変えて、主語が「私」に変わり
課題解決や目標達成に向かえるようにすることにつながります。

部下との信頼関係を築くためには、
・受容的態度
・共感的態度
・肯定的態度
が必要ですが、部下への受容や歩み寄りだけに注目すると、
自己犠牲の考えを持つようになりがちです。

そこで必要なマインドセットが「自己受容」です。
他者だけでなく自分自身の受容やつながりを大切にすることが大切です。

似た言葉に「自己肯定」がありますが、こちらは自分の弱い部分を見ないようにして、
自分は今のままでいいんだと納得させるようなやり方なので、
他者に対して競合的に接しがちです。
「自己受容」は自分の欠点や弱点も含めて自分を受け入れることですので、
他者とリラックスしたよい関係を築くことができるようになります。

傾聴に必要なスキル

傾聴を上手におこなうためには、マインドだけでなく、スキルも必要です。

ここでは、傾聴に必要な具体的なスキルを5つに分けて、簡単に紹介します。

~面談前に目的を確認する~
最初に面談の目的をしっかり確認することで、上司と部下の間で認識のずれが生じず、
面談がスムーズに始められます。

~ささいなことでも感謝を伝える~
感謝を伝えることは、部下に話そうという勇気を与えることにつながります。
自分の本音を話すことには少なからずエネルギーが必要です。
時間通りに面談に来てくれてありがとう、といったように、
「当たり前」と感じることであっても感謝を伝えることが、
部下から本音を引き出すことにつながります。

~聴く姿勢・態度に気を付ける~
対面であれば真正面に座るよりも90度になるような位置に座った方が、
圧迫感を与えないといわれています。
また、腕組みなどはせず、やや前かがみ気味にすると、
積極的に話を聴いていることが伝わりやすくなります。
そして、体ごと相手に向けて視線も相手に向けます。

オンライン面談の場合は特に当てはまりますが、あいづちを打ったり、
大きくゆっくりうなずいたりすることも重要です。

~相手の本音を聞き出すやり取り~
話を聴いて何度も出てくる言葉や、感情を表す言葉を「伝え返す」ことや、
話の先をうながすような聞き方で「それで?」などの言葉を使うことで、
部下が自分を深く考えることにつながります。話を要約したり、
タイミングよくオープンクエスチョンをしたりすることも有効です。
沈黙する時間が続くこともありますが、次の言葉を待ちつづけることも
場合によっては必要です。

傾聴は鏡をみせるようなことだともいわれます。
自分を深く考えてもらえるように誘導することが重要です。

~課題を分解して協力と目標を一致させる~
部下からの話を聴きながら、話している課題は誰の課題で、
だれが責任を引き受けるのか、という視点で観察し、
課題を分離することで自分と他者を分けて考えられるようにします。

そうすると、自分の責任の範囲での目標を自分で決めてもらえるようになります。
同時に協力できることを確認することで、よい関係を構築していきます。

傾聴によって引き起こされる心理的安全性

1on1のように、部下との関係構築研修を設計する際に、
アドラー心理学の考えを取り入れることがあります。

アドラー心理学の考えでは、勇気づけが大切とされています。
「人の悩みは全て対人関係の悩みであり、人生で悩むのは勇気を失っているからだ」
という明確な考えがあります。
よって、アドラー心理学を取り入れた1on1では管理職が自分自身と部下の
「勇気づけ」をおこない、部下の自信と心理的安全性を醸成し、
新たな挑戦意欲を高めることをねらいとしています。

心理的安全性とは、安心して本来の自分をさらけ出せる、というような意味です。

2012年に発表されたプロジェクト・アリストテレスというGoogle社の調査で、
「チーム生産性向上の5つの柱」が発表され、その1つに「心理的安全性」が
挙げられたことで有名になった言葉です。

自分と向き合い、自分も他者も大切に出来るようになることで、
傾聴力が高まり心理的安全性が生まれます。
心理的安全性が高い場を作り、部下からの本音を聞き出すことは、
生産性の高いチーム作りに必要不可欠です。

部下との信頼関係構築のための傾聴力を身に付ける研修事例紹介

最後に、実践的なカリキュラムで傾聴に必要なマインドとスキルを
身に付けることができる研修事例をご紹介します。
ご紹介するのは、その中でも1on1ミーティングを成功させるために設計した研修です。

1)【1on1の効果と背景】
注目されている1on1とは何か?必要とされるのはどのような背景があるのか?
そして期待される効果はなにか?を事例を交え手学び、理解を深めていきます。
1on1の意味を理解し、部下だけでなく自身にも有益な手法であると理解します。

2)【1on1の基本的な考え方】
1on1の実践における心構えと具体的な方法を学びます。
まず、良い1on1と悪い1on1の特徴と違いを理解します。
そして、良い1on1を実践するために、
5つの基本マインド・5つの基本スキル・5つの基本メソッドを学習します。

3)【実践演習】
受講者同士ペアになって傾聴スキル、勇気づけスキルを実際に使いながら
トレーニングします。
自分自身の癖やトレーニング相手の得意な部分など様々な気づきを言語化します。
スキル例)あいづち、オウム返し、トラッキング、リフレーミング、課題の分離、結末を体験させる

4)【フィードバック】
5段階のフィードバックやyouメッセージとIメッセージを学びます。
伝えたことが伝わったことではないことを理解し、
言語・非言語のコミュニケーションスキルを磨きます。
スキル例)ドアノック(許可を取る)、事実言葉と意見言葉、I メッセージ、フィードフォワード、提案のフィードバック

5)【1on1実践に向けた準備】
本日のロールプレイングを踏まえ、自分自身の癖を認識し、
部下との1on1の際にどのような部分に気をつけるのかを目標シートに記載します。
また、中長期的に部下とどのような関係性を構築するかといった目標を
3ヶ月、半年、1年ごとに設計します。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする