ダイバーシティ・コラム②
「ワーキングファザーに必要な ワークライフマネジメント」
~シングルマザー保育士の観点から~

男性の育児には、ソーシャル活動が欠けていることが多い

ワーキングファザー、要は、お子さんのいる既婚男性のビジネスパーソンに向けて、エナッチとして、プラス個人的にも発信したいことはそれなりにあります。

でもまず一番に提言したいことは、「ワークライフマネジメント」とか「ワークライフバランス」と言っても、「ライフ」って、そもそもどうなってるんでしたっけ?ということです。

彼らのライフは、個人で楽しむ趣味や、子供を休日公園に連れ出したり、家族でどこか行楽地に出掛けたり、ということはあっても、いわゆる、サードプレイスがあまりないように見受けます。

一方、ワーキングマザーは、子連れでママ友に会ったり、子供の友達一家と家族ぐるみで集まったり、なんてこともよくあるのですが。(そこにパパがおまけみたいにくっついてくることは時々見受けます)
エナッチの研修では、この領域を「ソーシャル活動」と表現しています。ワークとライフに加えた「ソーシャル」PTAとか少年野球とか、自治会や青年部のような地元のコミュニティなどです。
なので、まず、最初の第一歩は「ライフ」を広げる、つくる、ということです。つまり、仕事と家庭に加えて、さらに人生に彩りを加えるソーシャル活動です。そしてそこは、やっぱり、「父親」という属性をもったうえでのソーシャル活動が、ワーキングファザーとしてのバランスにはお薦めです。

そのような場所、時間は、仕事にも還元される、と、弊社のワーキングファザー向け研修に登壇するトレーナーは力説しています。
そのために、エナッチがまず最初に、強くお勧めしたいのは「挨拶」です。
はい、いい年したオジサマに、なんじゃそりゃ、なんですけど・・・でも、挨拶しない“お父さん”は、すごくすごく多いんです。ちなみに、挨拶しない“ビジネスマン”はそんなに多くありません。
この“ギャップ”です。

会社では、仕事では、挨拶なんて当たり前。部下や後輩にも指導するし、そもそも、新入社員研修でもまっさきにすり込まれます。
ですが、マンションのエレベーターで居合わせた人、保育園の送迎で一緒になった人、たまたま駅で出会った我が子の同級生の保護者、沈黙したり、ましてや、気づかないフリをしていませんか?
ここで、保育士として大切なことをお伝えします。

直接的しつけと間接的しつけ、
つまり、「挨拶しなさい」と言うことと、挨拶している姿を見せること、どちらが子供のしつけに効果が高いと思いますか?
はい、圧倒的に、後者です。
だから、パパと登園しているお子さんは、朝、こちらが挨拶してもちゃんと挨拶できない子が多い印象があります。だって、パパも、先生の前に来るまでは、ずっと伏し目がちに沈黙で、先生にだけ小声で挨拶。パパの挨拶は必要最小限で、子供も触れる機会が滅多にない希少モノですから。

人間関係は、まず、挨拶からです。そこから、少しずつ話を交わすようになり、お互い知り合い、気が合う・合わないということになっていくのではないでしょうか。もう少し詳しいことを知りたい方は、自社の新入社員研修のテキストをご覧ください。(エナッチの新入社員研修も非常に好評でお薦めです!)

もうひとつ、挨拶にはとても重要な効用があります。そうして広がった自身のコミュニティは、子供のコミュニティも拡張する、ということです。実際、ワーキングマザーは、子供のために挨拶し、ネットワーキングを形成している面もあります。親同士の繋がりで、子供の遊び相手ができたり、子供のために情報収集ができるのですから。

なぜ、共働きなのに、マザーの方が、ファザーより子供のクラスメイトや交友関係を把握しているのか。それは、“子育ての視野”です。
ワーキングマザー向けの研修では、「ママとパパでは、情報量が異なるから、わかってて当たり前と思わない」と伝えています。が、パパは、関心を持ってないからわからない、知ろうとしていない、とも言えるのです。

で、マザーのイラつきや、戦力外視に繋がっていることもあります。
ちなみに、エナッチの某マザーは、あるパパさんととても仲良くしているそうです。が、彼は、言葉が通じません。ネイティブで、日本語がまったく話せないアメリカ人です(彼女の英語力はさておき・・・)

でも、彼は、彼女をみかけるやいなや、すぐに声をかけてくれます。彼女も大好きなので、遠くにいても、声をはりあげて呼びかけます。
イクメンとか、在宅勤務で家事をやるとか、色々ありますが、ぜひワーキングファザーの皆さん、挨拶をしてみてください。気づいてないフリしたらだめですよー、あれ、バレバレですからね。

ワーキングファザー向け研修では、「『一本足打法』から、ワーク、ライフ、ソーシャルの『三本柱の生き方』にすることで、人生が強く、豊かになる!」というメッセージを伝えています。
まずは、挨拶から。気づけば、“お友達”が増えて、楽しくなるはずです!

関連記事
関連記事

ストレスへの対策ってどうしたらいいの?「ストレスマネジメント」の効果とは

ストレスに対し適切な対処をすることで、ストレスによる影響を軽減し、ストレスと上手に付き合っていくためにおこなう対策が、ストレスマネジメントです。
このコラムでは、ストレスへの対処法について解説し、弊社で実際におこなったストレスマネジメント研修の事例をご紹介します。

Read More »

わかりやすい伝え方 〜本当に実践できる3つのやり方〜

指示された作業はできるけど、それを人に説明してほしいと言われると途端に困ってしまう、そんな誰かへ説明することに苦手意識を持つ人は少なくありません。
今日のテーマは、「わかりやすい伝え方」です。説明のやり方はわかっても、それがうまく実践できないという方のために、そもそも「わかりやすい」とは何か?本当に使えるわかりやすい伝え方について、その本質から解説します。

Read More »

徹底解説!人的資本経営は人材育成にどのような影響を与えるのか

近年、「人的資本経営」というワードに注目が集まっています。
ISO30414など、世界では企業のもつ「無形資産」を重要視する動きがもともと活発でしたが、いよいよ日本でも、2020年9月に、いわゆる「人材版伊藤レポート」が公表され、多くのメディアが人的資本を取り上げるようになっています。

Read More »

木を見て森も見る!システムシンキングでより効果的な改善策を考えよう!

今回のコラムのテーマは「システムシンキング(システム思考)」、何か問題があったら「木を見て森を見ず」ではなく、全体像をとらえながら、より効果的な対策を考えようという思考法です。
これが身につけば、日常の仕事が改善できるだけでなく、お客様への提案力なども向上します。

Read More »

仮説思考で問題解決のスピードを向上させよう

仮説思考とは、原因の特定や選択肢を絞り込む際、先に仮の結論や結果の予想をおこない、その仮説をもとに必要な情報を収集することで、効率良く目的を達成するという思考法です。この仮説思考の習慣が身につくと、結論や結果を出すまでのスピードが格段に向上します。

Read More »

プロジェクトマネジメントを実践し自分とチームを成長させよう

つまり、プロジェクトを成功に導くプロジェクトマネジメントを学ぶことは、
自身やチームの成長に必要な意識や振る舞いを学ぶことと言っても
言い過ぎではありません。

今日は、そんなちょっと敷居は高そうでも、知っておけば必ず役に立つ
プロジェクトマネジメントについて解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする