スキル研修の王道!ロジカルシンキングの事例紹介~日常編~

ロジカルシンキングの定義

こんにちは。このシリーズでは、日ごろ企業で実施している研修からひとつトピックを取り上げ、日常で役に立った事例を分かりやすく、皆様にご紹介できればと思います。

記念すべき第1回目は、ビジネススキルの王道『ロジカルシンキング』を取り上げてみたいと思います。

まず初めに、これから扱う『ロジカルシンキング』の意味を決めておきます。

ネットで検索すると以下のような説明がありました。

―――――

ロジカルシンキングとは、一貫していて筋が通っている考え方、あるいは説明の仕方のことである。

出展:ウィキペディア

―――――

ここでは、“一貫していて筋が通っている考え方、あるいは説明の仕方のこと”としましょう。

 

ロジカルシンキングが必要な理由

そもそもなぜロジカルシンキングが必要なのでしょうか?

 

 

この問いを考える前に、ある日常会話の例を取り上げてみます。

 

 

====

 

 

Aさん「来月友達の誕生日なんだけど、プレゼントには何がいいかな?」

 

 

Bさん「その人が好きそうなブランドのアクセサリーとか?それか食事をおごるってものいいんじゃないかな。でも結局は何もらっても嬉しいから・・」

 

 

Aさん「あのさ、結論から話してくれないかな?ロジカルシンキングの勉強をした方がいいよ」

 

 

Bさん「(なんだこいつ・・・)」

 

 

====

 

 

このような会話が日本のどこかで8000万回くらいは繰り広げられている・・かはわかりませんが、似たようなことがビジネスの現場で起こっているのをよく目にします。先ほどの例で言えば、「自分からプレゼントについて聞いといて何なんだよ、こいつは」とBさんに味方する人は多いと思います。

 

 

しかし、ビジネスの現場に置き換えると逆転します。見てみましょう。

 

 

=====

 

 

上司Aさん「来月のプレゼン資料、どうなってる?」

 

 

部下Bさん「あ、はい、今作成中でして、与件の部分については90%程度完成してますが、あとは中身のコンセプトのところをもう少し詰めていく必要がありまして、隣の部署の〇〇さんにも相談しながら進めているのですが・・・」

 

 

上司Aさん「あのさ、結論から話してくれないかな?ロジカルシンキングの勉強をした方がいいよ」

 

 

部下Bさん「す、す、すみません!」

 

 

======

 

 

どうでしょう。「Bさん怒られてもしょうがないよね」と思った方が増えたのではないでしょうか。このままではBさんが気の毒なので、その後、頑張ってロジカルシンキングを勉強した・・という体で、この上司Aさんに切り返してみましょう。

 

 

======

 

 

上司Aさん「来月のプレゼン資料、どうなってる?」

 

 

部下Bさん「あ、はい、今作成中です。今週金曜日には完成すると思います。」

 

 

上司Aさん「進み具合はどんな感じ?」

 

 

部下Bさん「与件の部分は90%完成しています。コンセプトページについては、もう少し内容を詰めていく必要があると思っています。」

 

 

上司Aさん「プレゼン来週だけど、大丈夫?間に合う?」

 

 

部下Bさん「はい、間に合います。知識不足なところは隣の部署の〇〇さんにも相談しながら進めているので問題ありません!!」

 

 

上司Aさん「おー、そ、そうか、わかった。頼むよ」

 

 

======

 

 

決して完璧とは言えませんが、何とかこの場面を切り抜けられましたね。

 

 

今回Bさんが意識したのは以下の2つです。

 

 

  1. 結論から伝える
  2. 一文を短くする

 

 

あれ?これってロジカルシンキングと関係ないんじゃないの?「MECE」とか「ロジックツリー」とか、もっといろいろあるでしょうよ!と言いたい方の気持ち、わかります。でもちょっと待ってください。

 

 

確かに、先ほどの部下Bさんの返答は、MECEではないですし、ロジックツリーを書いたりもしていません。でも、なんとなく“ロジカルっぽさ”が出ていませんでしたか?

 

 

細かな分析を必要とする場面や、お客様に提案する企画書を作成する際には、もちろん、先ほどのMECEを意識したり、ロジックツリーを活用する必要があると思います。しかしながら、日常の場面、例えばそれは上司への報告の場面であったり、プロジェクトメンバーとの会議の場面であったり、プレゼンテーション中にお客様から質問を受けた際の受け答えの場面であったり、そんなときには“ロジカルっぽさ“さえあれば事足りる、という場面が多く存在します。

 

 

むしろ、先ほどのような場面では、忙しい上司に対して、資料の作成が間に合う理由をMECEに漏れなくダブりなくすべて挙げて伝えるというのは、相手のことを考えられていない、つまりビジネスセンスがないという印象を与えてしまう可能性すらあります。もし、「本当に大丈夫か?他部署に協力を仰ぐ以外にも対策を考えているのか?」と聞かれれば、その時に答えればよいのです。

 

 

「ちょっとまってください、今ここにロジックツリーを書いて説明します!」という対応も、全然イケてないですよね。(ある意味面白いですが)

 

 


まとめると、

 

 

  1. 日常のビジネスの場面で必要なのは、完璧なロジカルよりも、むしろ「ロジカルっぽさ」
  2. 「ロジカルっぽさ」さえ出せれば、結構なんとかなる
  3. 「ロジカルっぽさ」を出すためには、いくつかコツがある

 

 

ということになります。

 

 

次回は、ロジカルっぽさを出すためのコツ、について、日常の事例からご紹介できればと思います。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする