男性の育児から学ぶ~普段づかいのビジネスコミュニケーション~

エナジースイッチはダイバーシティ&インクルージョンに関する人材育成
組織開発に力を入れています。
クライアント企業向けのソリューションはもちろんですが、
社内で一緒に頑張ってくれている仲間に向けても制度を整え続けています。

昨年はコアタイムのないフルフレックスや在宅勤務、今年はジョブリターン制度など、
中小企業の中ではかなり制度が整っていると自負しています。

男性に対する育児休業の取得促進もその1つです。
中小企業で従業員が少なく、対象者がなかなか出ないことが悩みでしたが、
今年、ようやく念願の対象者が出ました。

弊社の、保育士資格を取得してしまうくらい子どもが大好きな女性社長も筆者自身も、
育児経験が仕事に活きることを実感しています。
男性にも育休を取得して、子育てに参画してほしいと、取得を猛プッシュしました。

男性が育児に参加することは、取得する本人にとっても会社にとっても
有益だと信じています。
今日は、筆者が自分で体験した育児の一場面を取り上げて、
ビジネスでどんな応用ができるかをご紹介したいと思います。

ビジネスコミュニケーション~聴く力の場合~

「傾聴」というのは、研修などでよく耳にするテーマで、
ビジネスコミュニケーションで重要なスキルの1つですよね。

私は、日ごろ子どもと会話する際、よく聞いた「つもり」になってしまうことがありました。(恥ずかしながら今もあります)

「このゲーム面白いんだよ。このキャラクターがすっごく可愛いの。」
「えー。またゲームの話?確かに可愛いね。良かったね。ところで歯磨きはしたの?」
「まだだけど・・・。このゲームをもう少しやったらするね。」
「ちゃんと歯磨き終わらせてね。そしたらゲームの話を聞くからね。」

仕事や家事に追われていて忙しいときには特に、
ついこんな会話にしてしまうことがあり、失敗したなあ、と後悔します。
こんな会話の後は、たいていの場合子どもはゲーム画面に目を向けてしまいます。

そうではなく、
「このゲーム面白いんだよ。このキャラクターがすっごく可愛いの。」
「確かにすっごく可愛いキャラクターだね。どんなところが気に入ったの?」
「あのね。色が白くて耳が丸くて、目も大きくてネコみたいなんだ。
こうやって話しかけるとわたしも大好きな趣味の話をしてくれるんだ。」
「お話までできるんだ。趣味ってどんな話か教えてくれる?」
「それはね・・・」
のように、会話が続けられるように、体を子どもに向けて、目を見て話すようにすると、
どんどん子どもが話してくれます。

そうすることで子どもに対する理解が深まり、子どもの発した言葉の裏で、
子どもが何を考え、どう思ったのかを考慮するクセもつきました。

仕事の場面でも、なるべく人と話すようにしています。
なぜその人がその言葉を発したのか、なぜ話に出てくる事象が生じたのか、
などいろいろと考えられるようになりました。

仕事をしていると、どうしても「大きな口、小さな耳、険しい目」になりがちです。
自分の意見ばかり言い、人の話を聞いたつもりになり、
人の短所や失敗ばかりを探してしまうことがよくあります。

そんなときに自省をして、「大きな耳、小さな口、優しい目」になるように
気を付けています。
つまり、じっくりと話を聞き、自分の意見ばかり言うことを控え、
長所に目を向けるということです。

そうすることで、職場でのコミュニケーションが活発になり、
ちょっとした一言に隠れているチームや個人の問題に気づきやすくなりました。

研修などで「傾聴」を学び、実践するワークをする機会を設けることもできますが、
育児に参加することで、自然と聴く力が身につきます。

ビジネスコミュニケーション~伝える力の場合~

「お父さん、これって何?」
「これってどういう意味?」
「なんでこれをしたら駄目なの?」
など、子どもと会話していると質問される機会が多くありますよね。

そして、子どもの語彙力はまだ不十分なため、伝わる言葉で話さないと、
「それって何?」
という質問が延々と続いていきます。
「このピピピって音が鳴るの何?」
「体温計だよ。」
「体温計って何?」
「体の熱を測る機械で、風邪をひいてるかどうかが分かるんだよ。」
「体の熱って何?なんで風邪をひいているか分かるの?」
こんな感じで延々と質問が繰り返されていきます。

私は育児をしてから、営業の時にカタカナ英語は使わないようになりました。
子どものように、知識がゼロの人に伝えられるようになると、
営業の場面でうまくいくことが増えていきました。

子どもはいつでも質問をしてくれるので、とてもよい練習相手です。
子ども相手に練習することで、分かりやすい説明方法、順番、たとえ話、
図の活用など、伝える力が身に付きます。

伝える力が身に付くと、自分の思ったことや、相手に届けたいことを正確に伝えられ、
また感情表現も豊かになります。

ビジネスコミュニケーション~質問する力の場合~

子どもとの会話は分からないことだらけな場合がほとんどです。

ですので、子どもに質問することで何を伝えようとしているのか、
分からないことを分かるようにしていく必要があります。
これがとても難しく、質問が悪いと、あっという間に会話が終わってしまいます。

子「これ、昨日のテストだよ。」
親「ありがとう。すごい。90点だね。1問間違えちゃったけど、分からなかったの?」
子「うん。意味が分からなかった」
親「今は分かるようになった?」
子「うん。先生に教えてもらった。」
親「それならよかった。次からは同じ間違いがないよう気を付けてね。」

これで会話が終わってしまい、子どもの考え方の背景がみえず、
どう接していいか分からなくなることがあります。

そこで、4つの段階を意識して子どもと会話するように気を付けています。

子「これ、昨日のテストだよ。」
親「ありがとう。すごい。90点だね。1問間違えているみたいだけど、
間違えた問題ってどんな問題なの?」
子「この問題だよ。ここの問題の意味が分からなかったの。」
親「確かに書き方が難しいね。ここの部分はどんなふうに教えてもらったの?」
子「テストの後、先生にこういう風に教えてもらったよ。」
親「そうなんだね。今日の宿題に似たような問題があったんだけど、
それは教えてもらったように答えられたの?」
子「うん。これは、こういう意味だから、こういう風に考えれば解けるよ。」
親「ありがとう。それってなんでこういう考え方をするんだろうね?」
子「それはね・・・」

・課題を特定する
・何が起きていたのかを把握する
・それが次にどうつながるのかを確認する
・「なんで?」という問いで深掘りする
という会話の流れを心がけています。

質問をして相手に自分のことを話してもらうことは、営業場面でも、
同僚や上司・部下とのコミュニケーションのときにも非常に重要です。
特に組織のリーダー的存在であれば、メンバーを育成し、
メンバーが自分で考えて行動するようにするために、質問する力は必須です。

部下に「この件はどうしたらいいですか?」と聞かれたときに、
答えを言おうとしてしまいがちでしたが、「どうしたらいいんだろうか」と
質問できるようになったことで、部下の意見を引き出すことができ、
考えに幅が生まれるようになりました。

子どもと向き合うことは、様々な気づきにつながります。
それは仕事の場面においても育児休暇を取得してくれた社員の成長に繋がり、
ひいては会社の成長にもつながります。

弊社はクライアント企業と自社のダイバーシティ&インクルージョン推進を通じて、
多様なビジネスパーソンが元気に働ける社会づくりを目指したいと考えております。

弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが300名以上おり、
男性育休に関するセミナーや研修のバリエーションも豊富です。
自社に合ったダイバーシティ&インクルージョン研修を実施していただき、
一緒に多様な社会づくりをしていきませんか。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする