ダイバーシティ&インクルージョンが必要とされるのはなぜか

ダイバーシティ&インクルージョンが必要とされるのはなぜか

株式会社HRビジョンが発行している「日本の人事部 人事白書2020」(※1)によると、ダイバーシティの必要性に関して、従業員数5,001人以上の企業で、98.0%の企業が「必要」と答えています。
1,001人~5,000人の規模の企業でも97.2%、1~100人の規模の企業では下がりますが、それでも63.5%の企業が、ダイバーシティが「必要」と答えています。

何故大多数の企業が、ダイバーシティ&インクルージョンを推進する必要があると思っているのでしょうか。

企業がダイバーシティに求めるものは何か

同じく「日本の人事部 人事白書2020」のデータですが、企業がダイバーシティを必要とする理由の第1位は「人材の確保」でした。
次いで第2位が「イノベーションの創出」、第3位が「生産性の向上」、第4位が「業績の向上」と続きます。

人材の確保

多くの企業の採用サイトで、ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組みが紹介されています。
ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みが、人材採用にとってプラスの影響があることは間違いなさそうです。
また、組織構成に多様性をもたせると、採用条件が広がり、これまで条件が合わずに不採用としていた人材にも門戸が開かれます。
例えば育児中の女性、シニア、障がい者、外国人です。
育児をしていた女性が、独自の視点からサービスを改善したり、生み出したという例はよく聞きます。
シニア、障がい者、外国人の方でも同様の話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
優秀な人材というのは、幅広い属性で多数存在しているのです。

イノベーションの創出

ミュンヘン工科大学とボストンコンサルティンググループの2016年の調査(※2)では、ダイバーシティ&インクルージョンとイノベーションの創出には、正の相関関係があることが認められています。
多様性が進めば進むほど、新商品・サービスによる収入が多くなっていたのです。
また、同じ調査で女性管理職比率が20%を超えると、イノベーションが起こりやすくなるというデータも発表されています。
特に欧米では、ダイバーシティ&インクルージョンがイノベーション創出に欠かせない重要な経営戦略として位置づけられており、近年、日本でも同様の動きが活発になってきています。

生産性の向上、業績の向上

ダイバーシティ&インクルージョンが推進されると、企業業績にはどのような影響があるのでしょうか。
ここでも興味深いデータが出ています。2020年3月19日に発表されたマッキンゼーのレポート(※3)では、経営層でのダイバーシティ&インクルージョンの推進と企業業績について書かれています。
ジェンダー(性別)ダイバーシティ&インクルージョンを推進している企業上位25%と下位25%の収益を比較した時に、前者のほうが25%も高かったそうです。
さらに、多民族でのダイバーシティ&インクルージョンを推進している企業での収益比較では、推進している企業の方が、なんと36%も高いという驚きの結果になったそうです。

アメリカのCloverpopという会社のホワイトペーパー(※4)では、年代・性別・多国籍でダイバーシティ&インクルージョンが進めば進むほど、会議の場で、結果として良い意思決定ができると報告されています。

これらはすべてダイバーシティ&インクルージョンの推進は、生産性の向上や業績の向上につながる可能性があることを示唆しています。

日本におけるダイバーシティ&インクルージョン推進の現状

日本では、ダイバーシティ&インクルージョンの浸透が遅れているとよく言われています。
例えば、世界経済フォーラムが毎年年末に発表している「世界ジェンダー・ギャップ報告書」では、日本は常に先進国の中で最低ランクに位置付けられています。
2020年版では153か国中121位、2019年版でも149か国中110位という、下から数えた方が早い位置にいます。

2018年の総務省の労働力調査(※5)によると、女性の就業率と、潜在的労働力率の差を考えた時に、女性の就職希望者は237万人もいるそうです。
また、日本の女性管理職比率も世界に比べて低い水準であることも良く知られています。

女性活躍というのは、ダイバーシティ&インクルージョンをテーマにしたときに、最もよく聞く言葉です。
その女性活躍ですら、世界と比較するとかなり遅れているというのが日本の現状です。

企業がダイバーシティ&インクルージョンを推進する上での課題

ダイバーシティ&インクルージョンを推進したいけど、思うように進まない・・・、とお悩みの企業は多いかと思います。
中でもよく聞く課題は、

・社内の理解不足
・経営層の本気が感じられない
・現場が協力してくれない
・変化を求める社風ではない

などが挙げられます。

これは、組織が成長マインドセットを持てず、硬直マインドセットになってしまっていることが原因の1つだと考えます。

ダイバーシティ&インクルージョンは、誰もが働きやすい風土への変革です。
その風土を作り出すのは、その企業で働いているメンバー全員です。
ですから、ダイバーシティ&インクルージョン推進を成功させる、つまり風土改革を成功させるためには、一人一人の主体性や当事者意識が重要です。

マインドセット研修やダイバーシティ&インクルージョン研修は、弊社の最も得意とする研修テーマです。
弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが300名以上おり、ダイバーシティ&インクルージョン研修のバリエーションも豊富です。
自社に合ったダイバーシティ&インクルージョン研修を実施していただき、風土を変革する第一歩を踏み出してはいかがでしょうか。

【参考文献・WEBサイト】
※1「日本の人事部 人事白書2020」株式会社HRビジョン
※2「The Mix That Matters Innovation Through Diversity」boston consulting group
※3「Diversity wins: How inclusion matters 」McKinsey & Company
※4「Inclusion + Diversity = Better Decision Making At Work」Cloverpop
※5「労働力調査」「労働力調査(詳細集計)」総務省

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする