年上部下を味方にするマネジメント法 〜年上部下との接し方でリーダーが心掛けるべき3つのポイント 〜

1990年代の前半、バブルが崩壊し、企業は事業のやり方や会社の体制について、
大きな見直しをしなければならない状況に陥りました。

そしてリストラや終身雇用の崩壊など、日本全体が不景気になっただけではなく、
働き方のかたちまでが変わってしまう事態となりました。

この時に起きた会社の変化のひとつに、年功序列の撤廃がありました。
それまでは組織のなかで役職につく人は、勤続年数や年齢が評価の基準となっていました。

その基準が会社での成果を重視するものに変化し、その結果、成果を出した人や
適性があると判断された人は、年齢が若くても管理職につくようになりました。

そして現在、年上の部下を持つ管理職やリーダーの存在も当たり前になりました。

今回のコラムは、年上の部下を持つ管理職・リーダーの悩みがテーマです。
年上の部下とのコミュニケーションや信頼関係を築くために、
どのような点に注意すべきかを解説します。


<目次>
・リーダーを悩ませる、扱いにくい年上部下の傾向
・年上部下とのコミュニケーションが難しいと感じる3つの理由
・年上部下との信頼関係を構築するためにリーダーが心掛けるべき3つのポイント
・年上部下とのコミュニケーションや指導に遠慮してしまうときには

リーダーを悩ませる、扱いにくい年上部下の傾向
〜あなたの身近にもいるちょっと困った◯◯さん〜

勤続年数も長く自分よりも年齢が上の部下だとしても、
すべての人が気難しかったり、常にコミュニケーションに気を使うわけではありません。

これまで培った経験や知識も豊富で、全体の中でどんな動き方をすれば良いかなども
考えながら動いてくれるような、チームの中でとても頼りになる人もたくさんいます。

しかし残念ながら、なかには、チーム内でも扱いに困るような悩みの種になっている人
もいます。ここではそんな年上部下の傾向をいくつか紹介します。

●仕事は嫌がらず引き受けてくれるが、自身のこだわりが強い◯◯さん
どちらかと言えば職人タイプの人に多く、
仕事自体は難易度の高いものでも嫌がらず引き受けてくれます。

お願いする仕事のなかには、その人しか経験したことがないような仕事が多々あり、
依頼する側としても、この人以外には頼めないというケースもよくあります。

ここまでなら、もちろん頼れる存在といえるのですが、こういった人たちの中には、
自身のこだわりが強く、たとえお客様からの要望でも受け入れてくれない人がいます。

たとえば、お客様から
「多少の間違えはあっても良いので短期間でやって欲しい」
「ここは後で変更するので、今は一旦このカタチでやって欲しい」
などの要望があった場合です。

その要望が他との兼ね合いからのものだとわかっていても、
自身のやり方と合わないという理由で、承知してくれません。

●ばりばりやってくれるが、わがままが目立つ◯◯さん
仕事の調整から、自分自身も手を動かし、
場合によっては周りの人にも指示を出してくれるような頼れる存在です。

仕事の一部を切り出してやってもらうのではなく、最初から最後までをまるまるお願い
できるので、うまく力を発揮してくれるときは、本当に助かるのですが、
それがうまく噛み合わないときは、一番やっかいな存在になることもあります。

このタイプの人がいるチームで一番困るケースは、その人が自身の判断で勝手にメンバーに指示を出してしまい、その指示がチームリーダーや上司のものと異なる場合です。

うっかり間違った指示をしてしまうときはしょうがないのですが、
リーダーや上司の出した指示と違うとわかっていても、自分のわがままから
異なる指示をあえて出すことがあります。

チームとしては2人のリーダーがいるような状態であり、
現場のメンバーはどちらの指示に従えば良いのか困ってしまいます。

●もくもくとやってくれるが、不注意や間違いが多い◯◯さん
どちらかと言えば静かなタイプで仕事をもくもくとやってくれます。
上司であるこちらの立場も理解しつつ、指示されたとおり忠実に仕事をしてくれます。

ふだんから自己主張してくることも少ないので、リーダーシップが強い上司であれば、
チームの中に一番居てもらいたい存在です。

しかし、このタイプの人たちは、コミュニケーションスキルが低い傾向があります。

周囲の人たちと話をせずに、自分ひとりで作業をすることを好むので、ちょっとした連絡を聞き漏らしていたり、周りの人が失敗した事例も知らないことがあります。

周りから得る情報が少ないため、それを参考にして自身でも気をつけるようなことが
出来ず、不注意による間違いなどもなかなか減りません。

また、作業内容が曖昧でどうすれば良いかわからないときも、
他の人に確認しないまま自身の判断で作業を進めてしまうこともあります。

年上部下とのコミュニケーションが難しいと感じる3つの理由

会社にはいろいろなタイプの人がいるため、
「この人とのコミュニケーションは苦手だな」と感じても、その理由はさまざまです。

ここではさまざまな原因の中でも年上の部下でよく見られるものについて紹介します。

① 年上部下がこちらを下に見てくる
年上部下との会話が苦手と感じる一番の原因は、
上司やリーダーであるこちらを下に見てくることです。

こちらを下に見ていることは、日頃の会話のはしばしや、
指示に対するリアクションなどから自然と伝わってきます。

年上部下からすれば、年齢も経験も自分が上なのは事実であり、
また日々の意見としても、間違ったことは言ってはいないという自覚があります。

自分なりに正当性を感じているので、
この状態にある年上部下に意識の変化を求めるのは難しいものがあります。

② 年上部下が守りに入っている
年配の人に見られる傾向ですが、経験が多いことが逆にあだとなり、
仕事で自分から「わからない」と言いづらいと感じている人がいます。

このように感じている人は「わからない」と言わなくても済むように、
自分がわかる作業しかやろうとしません。

また、若い世代の人たちに、これまでの自分のポジションが
奪われつつあることも感じており、
「下手な失敗はできない」
「自分が持つ知識を簡単に明け渡してはいけない」
と考え、あえて消極的な姿勢を取り自分の立場を守ろうとします。

③ 年上部下に対するこちらの期待が過大
チームリーダーや上司は、年上で経験も多い人であれば、
その能力や経験をチームの中でフルに活用したいと当然考えます 。

しかし、その気持ちが強すぎると、その年上の部下の経験や能力を正確に把握する前に
仕事を振ってしまうことがあります。

自分よりも経験年数が長いから当然できるだろうと思って、
確認もせずに仕事をお願いしてしまうと、能力と仕事内容のミスマッチから、
期待していた結果にならないことがあります。

年上部下との信頼関係を構築するためにリーダーが心掛けるべき
3つのポイント

年上部下とのコミュニケーションをより良くするためには双方の努力が必要です。

しかし、相手の考え方をこちらが変えようと思っても、そのとおりには
なかなかできないものです。

ここで大切なことは、まずはこちらから年上部下に対してどう接するべきかを理解し、
それを実践することが大切です。

ポイント1:年長者へのリスペクトを忘れない
会社でのポジションに違いはあっても、
相手が自分より年長者であり、人生の先輩であることには変わりません。

しかし、普段の仕事では、メンバーの年齢をいちいち気にすることもなく、
チームでの指示命令系統から、年長者へのリスペクトも忘れがちになってしまいます。

そして、こちら側の年長者へのリスペクト意識の低さを、
年上の部下は敏感に感じ取ります。

年上の部下がそれを不満に感じるかどうかは、その人の性格によりますが、少なくとも
リスペクトされていないと感じる相手に、自分から何か助けてあげようとは思いません

また、年長者へのリスペクトも意識できないようなリーダーは、
メンバーやお客様への配慮などもできない能力が低い人と考えることもできます 。

ポイント2:知識を人質に取られない
仕事では年上の部下であるその人しか知らないことや、
その人しか経験したことがないものがたくさんあります。

仕事のやり方や詳細な知識をメンバー全員で常に共有することは不可能であり、
一部の人しか知らないという状態になることはやむをえません。

ここで問題となるのは、年上の部下しか出来ない仕事があるとき、こちらでは
手が出せないという理由から、仕事全体の主導権までその人に握られてしまうことです。

これは本来、会社として持っているべき、
仕事のノウハウに関する知識を人質に取られていることと同じです。

この人しか知らない、この人しか出来ないというものがあれば、普段からそれらについて、他の人でも知っている、他の人でも出来る状態にする意識と取り組みが必要です。

ポイント3:お互いにとって何がベストであるかを共有する
リーダーや管理職には、チーム全体を運営管理し、
日々の仕事でよりよい成果を出すという目的があります。

この仕事の目的と比べれば、相手が年上という理由で、
話しかけたり頼みごとをする際に躊躇してしまうことなどはとても些細なことです。

また、この仕事の目的、チームの目的は俯瞰して見れば、
その年上の部下の人自身の目的でもあります。

この全体の目的についてちゃんと話をすれば年上の部下もそれについて理解してくれます

また、こちらの要望を一方的に伝えるだけでなく、その人のやりたいこと、
この先どうなりたいのかという、相手の要望をしっかり聞き入れることが大切です。

お互いの目的を理解し、お互いにとって何がベストであるかを共有することができれば、
それは信頼関係を築く第一歩になります。

相手が年上だからといって難しく考えすぎず、
相手を理解するというスタンスで日々のコミュニケーションが出来れば、
年上の部下はいつしか誰よりも頼りになる強力なパートナーになってくれることでしょう

年上部下とのコミュニケーションや指導に遠慮してしまうときには

実際の現場では、年上の部下に、上司としてコミュニケーションを取らなくてはいけないと頭では分かってはいても、相手への指摘や指導に躊躇することがあります。
とくに、年上部下との年齢がかなり離れている場合、指導を躊躇する方は多いです。

このような場合、心理的な要因もあれば、
コミュニケーションや指導方法が分からない、というスキル的な要因もあります。

年下の上司が「管理職としての役割」を果たすためには、
自分のあり方を見直したり、コミュニケーションや指導方法をトレーニングする場を
用意することも必要です。

エナジースイッチでは、
年下上司が管理職として活躍するために必要な人材育成メニューをご用意しています。

詳しい人材育成方法については、ぜひ以下の関連するコラムをご覧ください。

【管理職に必要なヒューマンスキルとは】
ヒューマンスキル全般を高めるための取り組み

【リーダーシップ研修事例】
チーム全員がリーダーシップを発揮できる関係をつくるリーダー育成

【メンバーの意見を引き出し組織の生産性を上げる研修事例】
チームの力を引き出すファシリテーションスキル
相手を成長させる上手な叱り方のスキル
相手を意図したとおりに動かすロジカルコミュニケーションスキル

【年上部下のやる気を引き出すキャリア研修事例】
40代社員がこれまでの殻をやぶりステップアップするための支援
50代ベテラン社員のキャリアの再構築
シニア世代にイキイキと活躍してもらうための働き方支援



弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが450名以上おり、
個社ごとに合った研修を、バリエーション豊富にプロデュースできます。

ぜひお気軽にご相談くださいませ!
https://energyswitch-jp.com/consult-us/

関連記事
関連記事

“言われたことしかできない”主体性を発揮できない若手社員が一皮むけて成長するための人材育成と働く環境づくり

「そこまで言わないとわからない?」「なんで言われたことしかできないの?」と、ストレスを感じた経験は、誰もがお持ちではないでしょうか。今回のコラムでは、言われたことしかできない若手社員に対して歯痒い思いをしているリーダーのために、主体性を発揮できない若手社員を一皮むかせる方法について解説します。

Read More »

対話とは ~対話の意味や必要な理由、対話のやり方、対話と会話の違いを解説~

「管理職に昭和の関わり方をやめてもらって、部下と対話できるようになってほしい」と思う人事・教育担当者は多くいらっしゃいます。一方で、「わかっているけどうまくできない」というのが多くの管理職の方の本音です。対話をうまく活用することで、管理職の方は部下と信頼関係を構築し、部下はもちろん自分も成長させることができます。このコラムでは、対話の意味や必要な理由、対話のやり方、対話と会話の違いなどをご紹介します。

Read More »

上昇志向が持てない若手&中堅社員に必要な3つの対策

日本のビジネスパーソンは最も“学ばない”といわれ、また、最近の若手社員の4人中3人は出世を望まないともいわれています。なぜ、日本のビジネスパーソンは成長意欲や上昇志向が低いのでしょうか。 今回のコラムでは、真面目だけど出世や成長に対して強い思いがもてない若手・中堅社員の特徴や、成長意欲や上昇志向がもてない原因、彼らのマインドを変えるための対策について解説します。

Read More »

リーダーとは ~リーダーの役割や大切なこと、必要な要素やスキルを解説~

ニューノーマルといわれる時代を乗り越え、組織として持続的に成長していくためには、組織をけん引するリーダーの存在が不可欠です。近年では、リーダーシップを発揮するのに肩書きは不要で、一人ひとりがリーダーシップを発揮することが強い組織づくりには重要だという考え方が主流です。本日は、そんなリーダーの役割やリーダーにとって大切なこと、リーダーに求められる要素やスキルをご紹介します。

Read More »

若手社員の育成を成功に導くコミュニケーションのコツ 〜効果的な指導方法や若手社員の育成研修事例をご紹介〜

やっとの思いで採用した若手社員の定着や成長のために重要なのが、OJTや日々の業務でおこなうコミュニケーションです。ですが、相手と状況に応じた適切なコミュニケーションができなくては、若手社員育成にはつながりません。このコラムでは、忙しい上司でもできる、伸び悩む若手社員の成長を促すコミュニケーションのコツをご紹介します。

Read More »

ダイバーシティ研修の内容と選び方とは? ~目的や求められる効果を解説~

ダイバーシティ研修は、ダイバーシティ&インクルージョン推進の目的を実現するために、当事者、周囲の関係者、そして組織の意識や行動を変えるために実施されます。ですが、ひとくちにダイバーシティ研修といっても、漠然としすぎて、何をしていいのかイメージができない人事・教育担当者の方も多くいらっしゃいます。このコラムではダイバーシティ研修の全体像を、対象者別に整理してご紹介します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする