シニア活躍が求められる背景とシニアのキャリア自律を促す研修とは

今、シニアの活躍が求められている背景とは

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みの中でも、
今、シニア世代の活性化が盛んに叫ばれています。

シニア世代の活躍が求められる理由は、少子高齢化社会における雇用問題の解決です。
厚生労働省が2021年5月に発表した、2021年1月~3月の出生数は、
前年同期と比べて9.2%も減り、当初の想定を上回るペースで少子化が進んでいます。

また、総務省のデータによると、日本の人口は2008年をピークに減少を続けており、
人口が多い団塊ジュニア世代が引退する頃になると、
働き手不足の問題が深刻になるのではと予想されています。

そんな中、平成25年には高年齢者雇用安定法が改正され、
雇用を促進するための様々な取り組みがおこなわれてきました。
それを更に促進するために、2021年4月からは改正された高年齢者雇用安定法が
施行されています。

一方でシニア世代も労働意欲を持っていることが、2019年の内閣府の調査で
分かっています。
現在仕事を持っている60歳以上のうち、36.7%が
「働けるうちはいつまでも働きたい」と回答し、
「70歳まで」~「80歳まで」を加えると87.0%のシニア世代の方が
働きたいと答えています。

会社としても、シニア世代の豊富な経験、優れた知見や技能は
失いたくないリソースです。

シニア世代が働くことにやりがいを感じ、会社で活躍してくれることは、
ダイバーシティ&インクルージョンを進めるうえで
非常に重要な問題になっています。

2021年4月に施行された「高年齢者雇用安定法」のポイント

2021年4月から施行された高年齢者安定法のキーワードは「70歳」です。
以下5つの措置が努力義務とされています。

①定年を70歳に引き上げ
②70歳まで継続雇用する制度の導入
③定年制の廃止
④70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度の導入
⑤70歳まで継続的に以下の事業に従事できる制度の導入
 a.事業主が自ら実施する社会貢献事業
 b.事業主が委託、出資(資金提供)等する団体が行う社会貢献事業

現実的には④と⑤は難しく、①~③の対応をしている企業が多いようです。

シニア活躍の取り組み事例紹介

努力義務として、対応“しなければならない”とややネガティブに
受け取られがちなシニア活躍ですが、シニアが活躍することは
若手への良い影響も期待されています。

シニアが活躍してくれてよかった、という事例を、
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が発表している
「高年齢者雇用改善事例コンテスト」の上位企業から2つご紹介します。

【株式会社大津屋の事例】
コンビニエンスストアや観光物産課事業をおこなっている大津屋では、
70歳定年制を導入し、コンピテンシー評価を活用した人事評価を実施しています。

多様なライフスタイルに合わせた働き方を用意し、6ヶ月ごとに
面談を実施することで、役割や責任を明確にし、モチベーション向上につなげています。

ペア就労という制度では、若手社員への指導を高齢社員が担当することで、
人生経験を踏まえた優しい指導がおこなわれ、若手層の定着や、
世代を超えてよい影響を与えることに成功しています。

【栄興株式会社の事例】
工業用セラミックの加工・販売を中心におこなっている栄興では、
シニア世代の持つ卓越した技術を継承しようと、希望者全員を70歳まで継続雇用し、
さらに70歳を超えてからも継続して働くことができる
柔軟な雇用形態を取り入れています。

シニア社員の持つ「自分のやり方」の手順を最新の技術を取り入れて
標準化・統一化することで作業スピードアップを実現し、
若手社員とペアを組んで技能を伝えています。

また、若手社員育成を通じてシニア社員間でも競争意識が芽生え、
指導意欲が向上するなどの相乗効果が生まれています。

シニア向け研修事例紹介

シニア向け研修でのご相談として多いのは、
・シニアのキャリア自律を促したい
年下上司などとのコミュニケーションを円滑にしたい
というものです。

多くの企業でシニア層の大半を占める、非管理職の50代社員、役職定年者、
定年再雇用者の活性化に課題を持っている人事担当者が多いです。

役職を持たない非管理職においては、目標喪失が生じた結果、
惰性で業務をおこなうようになり、パフォーマンスの低下するシニア社員も
少なくありません。

役職定年者・定年再雇用者においては、立場の変換、待遇低下、職務変更などにより、
モチベーション低下が起こり、大きくパフォーマンスを下げてしまうケースや、
直属の上司との立場も依然と逆になり、指導していた元部下が上司になるなど、
心理的にコミュニケーションが図りづらくなる場合もあり、
円滑なコミュニケーションができないというケースも多く見受けられます。

そんな中、今シニア層へのマインドセット研修が注目を集めています。

弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが300名以上おり、
個社ごとに合った研修を実施しております。本記事を参考に、
是非自社に合ったシニア人材活性化研修を実施してみてはいかがでしょうか。

【場をつくる】
立った状態で円の形に並んだ受講者がトレーナーの合図に従って、
3つのパターンで体を動かします。自分たちの動きや言動を振り返り、
自分たちの思考の特徴や傾向を知ります。
また、自己紹介でお互いの共通点や相違点を明らかにしたり、
率直な愚痴を思いのままに吐き出すことで、一体感をつくる雰囲気を醸成し、
コミュニケーションが活発に出る場づくりをします。

【すべきを受け止める】
職場からの声として、上司や同僚からのメッセージを読みます。
普段のコミュニケーションでは伝えられていなかった感謝の言葉や、
率直な意見を受け取る事ができます。
その後、メッセージの意図や背景を深く理解するために、
個人ワークを通じて自身の振り返りをおこないます。

【したいと向き合う】
自分自身の人生曲線を描くワークをおこないます。
仕事における印象的な出来事を時系列で、その時の自身の感情の浮き沈みを
波線で記載します。
受講者同士で人生曲線について発表し合いお互いへの関心を深め
自身のことも振り返り、ありたい自分をイメージします。

【ビジョンを描く】
5年後、10年後、20年後、30年後の未来図を描き、
それを簡単な演劇手法で演じながら発表します。
そうすることで感情をともなった具体的なイメージの定着を図ります。

【“できる”を整理する】
“できる”を業務技能・一般技能・態度・基礎能力の4つの項目に分けて考えます。
自身の「ありたい将来像」を元に“できる”ことの棚卸しをおこない、
不足しているものを具体的に見える化します。不足をどのように補うのかを考え、
社内の活用できるリソースを受講者同士で情報交換します。

【成長を計画する】
課題解決思考で成長のためのプロセスを具体的につくり、
明日からの行動変容につなげます。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする