ストレスへの対策ってどうしたらいいの?「ストレスマネジメント」の効果とは

普段、マインドセット領域でのご相談をいただくことが多い弊社ですが、
最近は改めてストレスマネジメントについて紹介することが増えてきました。

NHK就活応援ニュースゼミや株式会社ラーニングエージェンシー、株式会社インソース
の調査(※)によると、2022年度の新入社員は、

・仕事において安定志向を求める
・将来会社を担いたいという「リーダー志向」が低い
・自分の考えをかたちにしたり、対面でのコミュニケーションが苦手

といった特徴をもっています。

つまり、まじめに働き、無難に仕事をこなすことができるが、受け身の姿勢で、ストレスをためやすい傾向があるといえます。

実際、新入社員を受け入れる職場の上司や先輩社員からは、

・何を考えているかわからない
・成長を期待して仕事を任せたが、仕事が増えたとネガティブに受けとられてしまった
・順調に仕事に慣れてきていると思っていたら、突然辞められてしまった

などのお悩みの声が聞こえています。

このようなお悩みは、今年だけではなく、コロナ禍になってから非常に増えています。

そこで今回のコラムでは、最近お問い合わせが増えているストレスへの対処法について解説し、弊社で実際におこなったストレスマネジメント研修の事例をご紹介します。


NHK就活応援ニュースゼミ
https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/syukatsu/syukatsu729/

株式会社ラーニングエージェンシー
https://www.learningagency.co.jp/topics/20220422

株式会社インソース
https://www.insource.co.jp/newcommer_flash/newcom_result_2022.html

ストレスマネジメントとは何か

ストレスに対し適切な対処をすることで、ストレスによる影響を軽減し、
ストレスと上手に付き合っていくためにおこなう対策が、ストレスマネジメントです。

ストレスは誰もが当たり前にもっています。
ですが、ストレスによっては心身に何らかよくない影響をおよぼしたり、
ひどい場合には仕事だけではなく日常生活にも支障をきたすことがあります。

そうなる前に、ストレスマネジメントをおこない対策をすることで、
元気なビジネスパーソンとして長く活躍できるようになります。

ストレスマネジメントのメリットとは

ビジネスパーソンは、1日の多くの時間を仕事に費やしています。
すると当然、ストレスの原因となる刺激は、仕事から受けやすくなります。

ですので、企業が主体でストレスマネジメントをおこなうことができれば、
社員や組織にとって多くのメリットがあると考えることができます。

ストレスマネジメントをおこなうおもなメリットには、以下の4つがあります。

①精神面での健康
ストレスが続くと、身体に良くない影響を感じ、
しばらくするとはっきりとした症状として現れてきます。

ストレスマネジメントによって、精神的な病気につながるようなストレスが
積み重ならないよう、未然に防ぐことができます。

たとえば、厚生労働省によると、15人に1人は、生涯に1度はうつ病になるといわれています。うつ病になるとネガティブ思考になったり、不眠やけだるさなど身体に影響が出ることもあります。

②ミスコミュニケーションの防止
人が何らかの刺激を受けたときに、ストレスとして認知されるかは受け手によって異なるといわれています。

自分がストレスに感じないようなことでも、相手にとってはストレスを感じることがあります。相手の視点でコミュニケーションすることができるようになると、ストレスが減るだけでなく、コミュニケーションのズレが起こりづらくなり、意思疎通がスムーズになります。

③モチベーションアップ
ストレスは、ビジネスパーソンのモチベーションに大きな影響を与えます。
過度なストレスでメンタル不調をまねくと、欠勤や離職率の上昇につながります。

適切なストレスマネジメントをおこなうことで、モチベーションが高まると、
仕事に集中できるようになり、パフォーマンスが上がることも期待できます。

④職場でのトラブル発生の可能性を減らす
ストレスがたまると、意見の違いや性格の違いなどに対して、きつく当たってしまうことがあります。そんなことが続くと、職場での人間関係が壊れ始め、組織の雰囲気が悪くなるばかりか、生産性も下がってしまいます。


一人ひとりのメンタルヘルスを健全に保つことで、職場環境の改善や組織全体の効率アップにつなげることができます。

ストレスとは何か

ところで、ストレスマネジメントのターゲットとなる、「ストレス」とは何でしょうか。

ストレスは、もともと物理学用語で
「物体に圧力を加えることで生じるゆがみ」を意味します。
風船に例えると、風船を指で押さえるという刺激によって
風船がゆがんだ状態がストレスです。

普段私たちが使っている心理的な意味でのストレスは、ストレスの原因(刺激)によって、「心のゆがみ」が起こっている“こころの状態”を指しています。

そのストレスの原因は、精神的なものだけと思われがちですが、実はその原因はおもに
3種類あります。

・物理的な原因:騒音、振動、まぶしさ、暗さ、温度などの環境刺激
・化学的な原因:公害物質、薬物、酸素欠乏、タバコなど
・心理・社会的な原因:仕事の質や量、対人関係、不安・いらだち・緊張などの感情刺激


そして、これらの刺激に適用しようとして、体や心に生じるさまざまな反応を、
ストレス反応といい、こちらも3つに分けることができます。

・心理面でのストレス反応:モチベーション低下、イライラ、不安、抑うつなど
・身体面でのストレス反応:頭痛、肩こり、腰痛、目の痛み、動悸、吐き気、不眠など
・行動面でのストレス反応:飲酒量の増加、仕事のミスの増加など


大事なことは、いやだと思う仕事や、いやな人間関係そのものがストレスなのではなく、
それらはあくまでも刺激だということです。
ですので、同じ刺激であっても、ストレス反応が出てストレス状態になる人もいれば、そうでない人もいます。

ストレスの仕組みとは

刺激をストレスだと感じるのは、当然ですが、脳です。

人は脳で快・不快を感じ取ります。
そして、不快刺激に反応する細胞により、ストレス状態となります。

そして、この刺激はさらに自律神経や内分泌系に影響をあたえ、
ストレス反応が起こります。

刺激を受けた当初は、体がショックを受けやすく、自律神経のバランスが乱れますが、
その後ストレスへの適応反応が生まれます。
つまり、ストレスに対抗しようと頑張り、体の機能を活性化させます。

ストレスは悪いもの、というイメージがありますが、適度な刺激は逆にプラスに働くこともあるのです。

ですが、ある程度の時期までは頑張れますが、当然限界はあり、限界を超えると疲弊してしまいます。

刺激への抵抗力は千差万別です。
ですので、どの程度のストレスが負担になるかは単純比較することができません。

ストレスマネジメントで何をおこなうのか

仕事で体験するストレスは本当にさまざまです。
そして、ストレスがどの程度負担になるかも人それぞれ違います。

ですので、ストレスマネジメントに関する悩みは尽きることがありません。
それでも社員が企業で長く活躍してもらうために、
次のようなストレスマネジメントは必須の取り組みであるといえます。

【セルフケア】
ビジネスパーソン本人がストレスに気づき、対処することをセルフケアといいます。
実際には自分で対処するところまでは難しいので、ストレスに気づくことが焦点となります。どのような対処法があるかを知ったうえで、ストレスに気づくことは、メンタル不調を未然に防止するために非常に重要です。

そのためには、いつもの自分の行動、感情、反応に気づく練習をするといいでしょう。

【ラインケア】
管理職などの管理監督者がおこなう、部下の心のケアや職場環境改善の取り組みを
ラインケアといいます。

ストレスの状態にあることに気づかない、もしくは我慢している部下が多くいるはずです
ので、部下から話してもらえる関係を、普段から構築しておくことが重要です。
そのためには、日ごろから部下に興味・関心をもち、よく観察しましょう。

定期的に接点をもてる1on1を活用するケースも増えてきています。

【社内専門家および社外専門家】
産業カウンセラーや臨床心理士のような専門スタッフにストレスマネジメントを委ねます。人事労務担当が兼任していることもありますし、外部の心療内科などを活用することもあります。


このように、ビジネスパーソン本人から社外専門家まで連携する体制をつくることで、
社員が心身ともに健康でいられるための仕組みを整えることができます。

不足をおぎなうストレスコーピング

多くの企業でメンタル研修や環境整備がおこなわれてきましたが、
メンタル不調での休職者は増加傾向にあります。

いくら環境を整えても限界があるということかもしれません。

そこで、注目を集めているのが、一人ひとりのメンタルをしなやかにするスキルの強化、
ストレスコーピングです。

コーピングとは、認知行動療法をベースとしたグローバルスタンダードの手法で、
「こころの歪み」を解消し、平静の状態に戻すスキルのことです。
ビジネスパーソンだけでなく、オリンピックを目指すようなトップアスリートも
導入しています。

コーピングの方法には、以下の4つがあります。

①物理的コーピング
刺激を避ける、みえなくするなど直接的な解決を目指します

②評価に対するコーピング
本人の気持ちや感じ方、考え方のクセ(認知のゆがみ)を矯正するアプローチです

③反応に対するコーピング
「感情反応」、「身体反応」を鎮めます。ヨガやリラックスするための呼吸法が有名です

④社会的コーピング
第三者の手を借ります。上司や同僚、家族に相談したり、話を聞いてもらいます

どれが正解というものはなく、そのときの状況に応じて、最適なコーピングを選択します。
なかでも、評価に対するコーピングを覚えるとストレスを感じることが減るといわれており、研修ではこの部分にアプローチすることが多くあります。

セルフマネジメント(ストレスマネジメント)研修事例紹介

ここからは、弊社で実際に実施した、ストレスマネジメントの要素も入れたセルフマネジメント研修の事例をご紹介します。
ワーク課題も含めた1日間の研修事例で、ストレスコーピングも取り上げています。

ストレスへの対処法を身につけるだけでなく、プロフェッショナルなビジネスパーソンとして求められるスタンスを形成し、自ら仕事をおもしろくしようとするマインドを醸成することを目指した研修です。

【研修事例】
テーマ:
セルフマネジメント

ねらい:
・社会人として、自社で求められるスタンスを形成する
・ストレスコーピングの手法を習得し、ストレスに対処できるようになる
・日常的な仕事に対するモチベーションを向上させる

内容:
①自社で働くためのスタンス
モチベーション曲線を活用し、自分自身のモチベーションが高い状況を整理します。
持ち味を発揮し、より良くできないかと考える発想で仕事に向き合う大切さを学び、実際にそう働けているロールモデルを探し、イメージを具体化します。
そのうえで、仕事を最後までやり遂げる力が成功には不可欠なことを学び、社員として求められるスタンスを形成していきます。

②壁にあたったときにどうするか
ストレスについて学び、セルフチェックによって、自分が陥りやすいストレスパターンを知ることで、ストレスに気づきやすくします。

③セルフマネジメントの強化
ストレスコーピングについて知り、そのなかでも評価に対するコーピングの手法を習得します。
考え方のクセを修正し、評価を変えると、ネガティブな感情をポジティブに変えることができます。そのための「セルフトーク法」を中心に身につけ、ストレスに対処することができるようにします。

④今の仕事をおもしろくする発想
日常の些細な業務であっても、相手の視点で「提供価値」を考えることで、人を感動させられる可能性があることを実感し、プロフェッショナルとして仕事に取り組む姿勢を醸成します。
期待を超える「提供価値」を生み出すための具体的なアクションを決め、現場に送り出します。


弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが400名以上おり、
個社ごとに合った研修をプロデュースしております。
セルフマネジメント研修やストレスマネジメント研修のバリエーションも豊富です。
本記事を参考に、是非自社の目的や課題に合った研修を実施してみてはいかがでしょうか。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする