新入社員の主体性を引き出す人材育成事例紹介

新入社員の主体性を引き出す 人材育成事例紹介

2018年まで経団連が実施していた「新卒採用に関するアンケート調査」で「選考時に重視する要素」の第1位が「コミュニケーション能力」(16年連続)、第2位が「主体性」(10年連続)でした。

2020年8月に株式会社NEWONEで実施された「テレワーク時代に求められる能力」についての調査では、「テレワークが増えるご時世において、新入社員に“早期に”高めて欲しい能力は何ですか?」という設問に対し、「主体性」という答えが第1位でした。

主体性は、現在の新入社員に強く求められる能力なのです。

主体性とは何か

主体性がある状態とは、自ら率先して行動を起こし、仕事・課題に立ち向かう実行力を備えている状態のことを指します。
似ている表現として、自主性という言葉があります。

自主性とは、あらかじめ決められたことを自ら率先して行動する態度や性質のことを指します。
例えば「元気に挨拶をする」「無くなったオフィス備品を補充する」「観葉植物に水をあげる」などの、
組織内の決まり事を誰にも言われずに率先しておこなう新入社員は自主性があると言えます。

主体性とは、それだけではなく、決められていないことを自分の意志・判断によって、
自ら責任をもって行動を起こすことも含みます。

 

なぜ新入社員に主体性が求められるのか

役職者の方や人事担当者の方と話をしていると、「うちの社員には主体性が足りない」という課題をよく耳にします。
なぜ新入社員には主体性が求められるのでしょうか。
ヒューマンスキルとして新入社員に求める力は、各社それぞれ設定されているかと思いますが、
大きく分けると以下の3つに大別できるかと思います。
・前に踏み出す力
・考え抜く力
・チームで働く力
このいずれの力も、自ら決めて、責任をもって行動を起こす主体性を備えた状態でないと、発揮することができません。
主体性とは、社会人としての基本となる能力を発揮するために必要な、人間力の大切な構成要素の1つと言えるのです。

 

主体性が足りていないと感じられるシーン

ブレイクアウトセッションでのグループディスカッションなどは分かりやすいシーンです。
メンバーに対して質問や意見を言ったりすることができなかったり、
率先してリーダーなどの役割に立候補することができない場面は良くみられます。

全体共有の場でも、「誰でもいいから発言してください」としても、よく発言する人に頼り切ってしまい、
結局こちら側で指名しないと発言が出てこない場面も多くみられます。

研修中にチャットや質問が活発に出せる方がいる一方、アンケートの自由記述欄に、
「実はこの部分が分からなかった」と記入され、フォローに困ることもあります。

ビジネスマナーの時間でも主体性が足りていないことが感じられます。
名刺交換や電話の受け取り方、お辞儀の仕方など、これらを単純にスキルだと考える新入社員が増えています。
普段練習できないことを練習することに対しては積極的な新入社員の方が多いですが、
何故ビジネスマナーが必要なのか、ということにまで意識を向けられる新入社員の方は非常に少ないです。

ビジネスマナーは、決められたスキルとして捉えるだけでは不十分です。もちろん組織内のルールはありますので、
そのルールに合わせて自主的に行動することも大切です。

ただ、自主性に加えて主体性が身についていると、相手の立場に立ってふさわしい振る舞いや行動ができるようになります。

主体性が身に付く新入社員研修プログラムの具体例

主体性が課題の新入社員の方が、主体性を身に付けるためには、どのような研修プログラムが有効なのでしょうか。

弊社では、個社ごとに完全オーダーメイドで研修をご提案しております。
パートナーとして協力いただいている外部トレーナーが300名以上おり、
主体性が身に付く新入社員研修のバリエーションも豊富です。
本記事を参考に、是非自社に合ったマインドセット研修を実施してみてはいかがでしょうか。

まずは、主体性を醸成するマインドセットです。

■【学生と社会人の違いを考える】
ブレイクアウトセッションを活用し、答えのない問いに対して、積極的にコミュニケーションを取る時間を設けます。
グループの中でのそれぞれの役割も自分たちで決め、自ら考え主体的に行動する意識を高めます。

■【若手社会人に求められる力】
会社の経営理念やビジョン・ミッション・バリュー、歴史などを紹介することで、会社に対する理解を深めます。
また、具体的なケーススタディを作成し、組織の中での主体性のある行動とは何か、について考えます。

■【先輩社員からの講話】
先輩の経験談から、どうして主体性が重要なのか、どう考えて行動したら主体性が発揮できるのか、
実際の職場で主体性を持って働くことのイメージを醸成します。

■【3か月後の目標設定】
育成担当や上司にアドバイスをもらいながら、実際に組織で働く新入社員に求められる主体性のある行動を
具体的にイメージし、目標設定します。

続いて、主体性を育むスキルセットです。

■【信頼を獲得するコミュニケーション】 
対人関係全般として、信頼を獲得するコミュニケーションスキルの基礎を学びます。
なぜそれが必要なのか、背景もしっかりと説明をして、単純なスキルと捉えられないように進めます。

■【信頼関係を深めるマナー】 
コミュニケーションと同様に、社会人として必要なビジネスマナーの基礎を学びます。
その際、信頼されるビジネスパーソンとしてなぜそれが必要なのか、背景をしっかりと説明します。

■【仕事を円滑に進める論理思考】
業務遂行上必要な思考力について学びます。
新入社員の仕事では、「期日を守る」「段取りを組む」「相手に分かるように伝える」
といったことが、主体性を発揮するうえでとても重要になります。

そのために、手当たり次第にタスクを進める、「頑張る」という意欲だけで取り組むのではなく、
考えた上で行動する、そのために必要な思考力を養います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
関連記事

将来にモヤモヤしている40代社員に必要な「キャリア自律」と「新たな挑戦のイメージ」

「上からの命令と、下からの不満で板挟みになる」など、ネガティブなイメージの多い中間管理職。この中間管理職にいるもっとも多い年代が40代の人たちです。今回のコラムテーマはそんな40代社員に必要なキャリアデザインです。管理職という立場や、仕事以外のライフイベントに直面していく40代社員にとって、これから必要な将来の目標や組織の中で持つべきマインドについて解説します。

Read More »

オーナーシップとは? 具体例やメリット、社員の主体性をはぐくむマインドセットの方法がわかります

“オーナーシップ”は、端的に言うと「仕事に当事者意識をもって取り組む姿勢」のことです。オーナーシップをもった社員が多い組織では、コミュニケーションが活発になり、リーダーシップを発揮するメンバーが増え、顧客満足度が上がるなど、さまざまな場面で好循環が生まれやすくなります。

Read More »

「本当は助けて欲しい」キャリアの分かれ道で苦しむ30代を救うキャリア形成支援

30代社員は、20代とは異なり、いろいろなことがひとりで出来るようになっています。また、同じチームメンバーや関係部署とのやりとりなどもあります。そして、仕事の取り組みかたなどから、上司や周りからの評価の差が明確に現れる時期でもあります。今回のコラムでは、そんな30代社員がこの先も前向きに仕事に取り組み、周りからの協力も得ながら自身の目標に向かうために必要なものについて解説します。

Read More »

【新人フォロー】“いい子に思われたい”新入社員の受け身の姿勢を転換する研修事例紹介【主体性】

令和になってから入社した新入社員の特徴として、「自分がどう思われているか敏感で、嫌われることを極端に避けようとする」というものが挙げられます。横並びの意識が強く、目立ちたがらず、言われた仕事をたんたんとこなすのが、令和時代の新入社員によく見られる姿のようです。そこで今回のコラムでは、“いい子症候群”をキーワードに、受け身な新入社員の主体性を醸成する方法をご紹介します。

Read More »

シニア世代がイキイキと活躍するために 〜シニア世代の働きかた支援〜

65歳以上の高齢就業者の数は、17年連続で増加し、2021年は906万人で過去最多の人数となりました。少子高齢化社会の中、企業にとって切実な問題となっているのが、現場におけるシニア世代の活用です。シニア世代の活用」とは、シニア世代がイキイキと活躍しており、周りの人たちもそこから何らかの恩恵を受けている状態です。この実現のために、シニア世代と会社はこれまでの認識を改め、新しい考えかたを持たなくてはなりません。

Read More »

「コンセプチュアルスキル」とは? ~意味や身につけるメリット、育成の具体例もご紹介~

コンセプチュアルスキルとは、正解のない問題に直面したときに、問題の本質を見極め、周囲が納得できる最適解を導き出す能力のことです。コンセプチュアルスキルを磨き、物事の本質を見極めることができるようになると、個人や組織の可能性を最大限まで高めることができるといわれています。このコラムでは、コンセプチュアルスキルの概要をご紹介し、身につけるメリット、身につけさせるための具体的な研修事例を解説します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする