ダイバーシティ・コラム①
シングルマザー保育士社長の視点から ~ワークライフマネジメント~

女性活躍に大切なワークライフマネジメントとキャリア自律

私は、シングルマザーです。
そのうえ、小さな会社の経営者です。さらに、我が子は「おさるのジョージ」にそっくりなやんちゃな3歳男児です。しかし、関東近郊に親類はおらず、育児の助っ人はいません。

我ながら、なかなか、高度な「ワークライフマネジメント」を求められており、決して、できておりません。毎日ギリギリ、アップアップで溺れながら、乗り越え、乗り切っている日々です。

そもそも、ワークライフマネジメント、或いは、ワークライフバランスというのは、別に、結婚していようがいまいが、子供がいようがいまいが、誰にでもあるテーマです。
が、やはり“親”のそれは、全然違うと感じています。
特に、乳幼児を育てている場合、親は、その子供の命綱です。パートナーであれば、多少料理をさぼっても、餓死はしません。
が、子供の場合は、そうはいきません。「ライフ」の重みが全然異なるのです。

そこで、両立のためのポイントは、いまのところ、2つです。

アウトソース」と「タイムマネジメント

アウトソース」は、家事をいかに省エネにして、仕事をいかに“自分じゃなくてもできる”ようにするか、です。ロボット掃除機などの便利家電や、食事のデリバリーなど、いかに手間を削減できるか、です。仕事においては、いかに人材を育成して、任せられるようにするか、です。
そういう点から、女性に向けてのキャリア研修では、“エラくなる”ことが、実は、ワークライフマネジメントの解決策のひとつだと伝えています。両立できるかどうか不安だからマネジャーにはなれません、ではなく、両立するためにマネジャーを目指す、というのも、十分理にかなった考え方なのです。

タイムマネジメント」は、研修で多くのTIPSを伝えるのですが、その際、“投下時間を減らす”“仕事の質を上げる(手戻りをなくす)”“仕事の量を上げる”といった3つの視点が大切になります。投下時間を下げることだけに集中すると、風呂敷残業などにも繋がり、しんどくなります。
また、投下時間を下げるといっても、単に時間をカットしていては当然意味がなく、仕事を捨てる、効率的に組み立てる、無駄をなくすことが大切で、そのために、段取り力とかメモの使い方とか、スケジューリングの仕方などがあるわけです。

ただ、より、ワーキングマザーに身近なことで言えば、寝かしつけてから起きるか、起床前の早朝に稼働するか、というテーマがあります。いわゆる、朝型・夜型ですね。これも、リモートワークのタイムマネジメント研修で扱うのですが、実は、「朝型」「夜型」はただの生活習慣の違いではなく、なんと、遺伝子レベルで体内時計で決まっているそうです。だから、どれほど努力しても変えられないのだとか。確かに、私は社会人になってからほぼずっと、出社時刻が一番早い人でした。(今は4時起床です)
さて、こうして、日々、クタクタになりながら両立できていないけど何とか乗り切っているわけですが、では何のためのワークライフマネジメントなのか。
それは、流行りの言葉で言えば、

キャリア自律」「自律的キャリア形成」です。
誰しも、自分のキャリアに興味を持ち、会社任せではなく、自律的にキャリア開発をおこなっていくことです。
エナッチのキャリア研修では、「自己紹介」を考えてもらうことがよくあります。
いわゆる、ドラッカーの「何によって憶えられたいか」です。職種でも雇用形態でもなく、ましてや、勤務先の社名でもなく、自分の提供している価値を言語化するのです。
ワーキングマザーであってもなんでも、やはり、“自分の人生を生きる”ことが大切です。
特に、日々、子供のために時間を費やしているワーキングマザーにとっては、
「仕事は自己実現の場」、「職場は自己充足感の場」なのです。
私も、自分の日々を円グラフに表現したら、
48%:子育て
48%:仕事
その他、1%ずつ、友達とか趣味とか実家とか自分が入ってくるような状態です。
48%を占める子育ては、子供が主役です。
でも、仕事は異なります。あなた自身の付加価値を出せる場、作品を生み出せる場なのです。
自分の人生を生きるということは、専業主婦や子育てにどっぷり浸ることを否定することではありません。そのことが、主体的な選択であれば、良いと思います。

ですが、「しょうがないから」という消去法で選ぶのはやめてほしいのです。後回しにしてはいけません。
ワーキングマザーのワークライフマネジメントは、
まずは、自分の自律的キャリアを考えることからです。
だって、自分の人生を生きてほしいから。

関連記事
関連記事

“言われたことしかできない”主体性を発揮できない若手社員が一皮むけて成長するための人材育成と働く環境づくり

「そこまで言わないとわからない?」「なんで言われたことしかできないの?」と、ストレスを感じた経験は、誰もがお持ちではないでしょうか。今回のコラムでは、言われたことしかできない若手社員に対して歯痒い思いをしているリーダーのために、主体性を発揮できない若手社員を一皮むかせる方法について解説します。

Read More »

対話とは ~対話の意味や必要な理由、対話のやり方、対話と会話の違いを解説~

「管理職に昭和の関わり方をやめてもらって、部下と対話できるようになってほしい」と思う人事・教育担当者は多くいらっしゃいます。一方で、「わかっているけどうまくできない」というのが多くの管理職の方の本音です。対話をうまく活用することで、管理職の方は部下と信頼関係を構築し、部下はもちろん自分も成長させることができます。このコラムでは、対話の意味や必要な理由、対話のやり方、対話と会話の違いなどをご紹介します。

Read More »

上昇志向が持てない若手&中堅社員に必要な3つの対策

日本のビジネスパーソンは最も“学ばない”といわれ、また、最近の若手社員の4人中3人は出世を望まないともいわれています。なぜ、日本のビジネスパーソンは成長意欲や上昇志向が低いのでしょうか。 今回のコラムでは、真面目だけど出世や成長に対して強い思いがもてない若手・中堅社員の特徴や、成長意欲や上昇志向がもてない原因、彼らのマインドを変えるための対策について解説します。

Read More »

リーダーとは ~リーダーの役割や大切なこと、必要な要素やスキルを解説~

ニューノーマルといわれる時代を乗り越え、組織として持続的に成長していくためには、組織をけん引するリーダーの存在が不可欠です。近年では、リーダーシップを発揮するのに肩書きは不要で、一人ひとりがリーダーシップを発揮することが強い組織づくりには重要だという考え方が主流です。本日は、そんなリーダーの役割やリーダーにとって大切なこと、リーダーに求められる要素やスキルをご紹介します。

Read More »

若手社員の育成を成功に導くコミュニケーションのコツ 〜効果的な指導方法や若手社員の育成研修事例をご紹介〜

やっとの思いで採用した若手社員の定着や成長のために重要なのが、OJTや日々の業務でおこなうコミュニケーションです。ですが、相手と状況に応じた適切なコミュニケーションができなくては、若手社員育成にはつながりません。このコラムでは、忙しい上司でもできる、伸び悩む若手社員の成長を促すコミュニケーションのコツをご紹介します。

Read More »

ダイバーシティ研修の内容と選び方とは? ~目的や求められる効果を解説~

ダイバーシティ研修は、ダイバーシティ&インクルージョン推進の目的を実現するために、当事者、周囲の関係者、そして組織の意識や行動を変えるために実施されます。ですが、ひとくちにダイバーシティ研修といっても、漠然としすぎて、何をしていいのかイメージができない人事・教育担当者の方も多くいらっしゃいます。このコラムではダイバーシティ研修の全体像を、対象者別に整理してご紹介します。

Read More »

無料ダウンロード資料で情報収集

貴社名

お名前

Email



時期

Download files 【お役立ち資料】効果的な研修設計のポイント
【お役立ち資料】オンライン研修設計のポイント

【事例紹介】主体性を生み出す研修
【事例紹介】マインドを変える研修
【事例紹介】見え方を変える研修
【事例紹介】若手社員マインドセット研修
【事例紹介】グローバルリーダーマインドセット研修

【事例紹介】女性リーダー研修成功のポイント
【事例紹介】ダイバーシティマネジメント研修

【事例紹介】28歳までにはじめる女性キャリア研修
【事例紹介】女性活躍研修事例紹介5種

【事例紹介】働き方改革推進のための研修事例13種
【お役立ち資料】男性育休の現状とは
【事例紹介】シニアのキャリア自律.をうながす研修
【事例紹介】アンコンシャス・バイアスとは何か
【参考資料】高度外国人材はどんな存在なのか

【事例紹介】世代別キャリア開発成功のポイント
【事例紹介】コーチング研修事例紹介3種
【お役立ち資料】リーダーシップとは何か
【事例紹介】リーダーシップに必要なスキルとは何か
【事例紹介】変革型リーダーシップ研修事例

【事例紹介】言葉の持つ力「ファシリテーション研修」
【事例紹介】褒め方&叱り方を身につける研修
【事例紹介】伝える力と聴く力
【お役立ち資料】日常づかいの1on1対話スキル
【お役立ち資料】日常づかいのアンガーマネジメント

【お役立ち資料】研修で「行動変容」を定着させるには
【お役立ち資料】研修の事前・事後の取り組み紹介
【研修リアルストーリー】プレイバックシアター

 全てダウンロードする